オヒシバ

  • オヒシバ_img_0

    オヒシバ @ 不明

基本情報

花名
オヒシバ
英名
Eleusine indica
学名
Eleusine indica
別名
チカラグサ, 雄日芝, the Indian goosegrass
原産地
世界中の温帯~熱帯域
生活型
一年生草本の野草

コメント

オヒシバ(雄日芝、学名:Eleusine indica)は、世界中の温帯~熱帯域原産で、イネ科オヒシバ属の一年生草本の野草です。夏〜秋に、野原に自生します。茎先端に放射状に2〜6本の花序を出し、その下面に小穂を付けます。葉は緑色で線形です。本種に対し、メヒシバ(雌日芝、学名:Digitaria ciliaris)もあります。

一般名:オヒシバ(雄日芝)、学名:Eleusine indica、別名:チカラグサ、ワイヤーグラス(Wire grass)、 the Indian goosegrass、分類名:植物界被子植物単子葉類イネ目イネ科オヒシバ属、草丈:30〜50 cm、生育期:5月〜11月、葉色:緑、開花期:8月〜10月。

詳細情報

イネ
イネ
オヒシバ
オヒシバ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
小穂
葉のタイプ
線形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
野原・畦道
開花時期
8月9月10月
高さ
30 ~ 50 [cm]
花径
0.1 ~ 0.2

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved