かぎけん花図鑑

ハナシキブ

基本情報
花名
ハナシキブ
英名
Bluebeard
学名
Caryopteris × clandonensis
別名
花式部, カリオプテリス・クランドネンシス, Caryopteris clandonensis, カリオプテリス, ブルー スパイリア, Bluebeard, クランドネンシス
原産地
交雑園芸品種
生活型
落葉小低木
コメント
ハナシキブ(花式部、学名:Caryopteris × clandonensis)は、シソ科カリガネソウ属の落葉小低木です。カリガネソウ属のダンギク種とモンゴリカ種(C. mongholica)の種間交雑でできた園芸品種です。叢生した葉は狭卵形~長楕円形で、葉縁に鋸歯があり、茎に対生して付きます。葉は段菊より細く繊細です。夏から初秋に、茎長頂や葉腋から集散花序を伸ばし、青紫色の花を多数咲かせます。花色には白やピンクもあります。5裂する花冠の先端は糸状をしています。4本の雄蕊と1本の雌蕊はいずれも長く、突出します。花名は花が、ムラサキシキブ(紫式部、学名:Callicarpa japonica)と似ていることに拠ります。蝶による虫媒花です。庭植えや鉢植え、プランター、生け花、茶花用とされます。花言葉は「忘れえぬ悩み」です。「忘れえぬ」は、花の段が幾重にも続くこと、「悩み」は蕪の寿命が長くないことや、青紫系の花色が悲哀を感じさせることによるのでしょうか。
一般名:ハナシキブ(花式部) 、学名:Caryopteris × clandonensis(カリオプテリス・クランドネンシス)、別名:ブルー スパイリア(Blue Spireaea)、カリオプテリス(Caryopteris)、ブルーベアード(Bluebeard)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目シソ科カリガネソウ属、原産地:交雑園芸品種、生活型:落葉小低木、草丈:50~70 cm、葉色:灰緑色、葉形:狭卵形~長楕円形、葉序:対生、葉身長:2~5 cm、葉縁:鋸歯有、花色:紫・桃・白、花径:3~7 cm、雄蕊数:4、雌蕊数:1、子房室:4、雄蕊・雌蕊色:紫、開花期:7月〜10月、虫媒花。
詳細情報
シソ
シソ
カリガネソウ
ハナシキブ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
唇形
葉のタイプ
狭卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
庭 園芸品種 鉢花
ピンク, 紫, 白
開花時期
7月 8月 9月 10月
高さ
50  ~ 70  [cm]
花径
3  ~ 7