グミ

  • グミ_img_0
    グミ @ 城ヶ崎海岸

基本情報

花名
グミ
英名
Elaeagnus
学名
Elaeagnus
別名
茱萸, Silverberry, Oleaster
原産地
東ヨーロッパ、北米、日本を含むアジア
生活型
落葉低木

コメント

グミとは

グミ(茱萸、学名: Elaeagnus)は、東ヨーロッパ、北米、日本を含むアジア原産でグミ科グミ属の落葉低木です。枝には棘があり、枝と葉に多数の毛が生えています。花は花弁が無く、花のように見えるのは萼です。萼は薄黄色の筒状花で茶色い斑点があります。萼の先端は4つに裂けて平開します。花後に茶色斑のある赤い果実が成ります。果実は食べられます。
果実を楽しむグミには、ナツグミとその変種(トウグミとダイオウグミ)、また、アキグミ、ナワシログミなどの種類があります。

●ナツグミ(夏茱萸、学名:Elaeagnus multiflora、別名:Cherry silverberry)は、春(4月~5月)に開花し、夏(6月)に結実する落葉小高木で、葉表に鱗状毛があります。ナツグミの変種のトウグミ(学名:Elaeagnus multiflora var. hortensis)の葉は小さい楕円形で、葉表に星状毛があります。同じく変種のダイオウグミ(学名:Elaeagnus multiflora var. gigantea、別名:ビックリグミ)は非常に大きな果実が成ります。

●アキグミ(秋茱萸、別名:Elaeagnus umbellata、別名:Japanese silverberry)は、初夏に開花し、秋に結実する落葉低木です。

●ナワシログミ(苗代茱萸、学名:Elaeagnus pungens 、別名:トキワグミ)は、秋に開花し、春に成実します。葉は長楕円形で硬く厚い。
●花を楽しむグミにライムライト(Limelight)などの園芸品種が作出されています。

一般名:グミ(茱萸)、学名: Elaeagnus、別名:Silverberry、Oleaster、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目グミ科グミ属、原産地:東ヨーロッパ、北米、日本を含むアジア、樹高:200〜400 cm、葉序:互生、花径:1 cm、花色:黄色、花形:漏斗状/筒状花、花弁:無し、雄蕊数:4本、開花期:4月~5月、果実色:赤、果実形:楕円形、果実:食用可、繁殖:挿し木、用途:庭木、注記:虫媒花。

詳細情報

バラ
グミ
グミ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
広楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
開花時期
4月5月
高さ
200 ~ 400 [cm]
花径
1 ~ 1

アクセスランキング(日別)

エゾミソハギ_img
ヒメヒオウギズイセン_img
オウコチョウ_img
コウシンバラ_img

ランダムな花

レッドキャンピオン_img
ホンドミヤマネズ_img
ヒメイカリソウ_img
ツユクサ_img
サクラ_img
アンズ_img
キバナキョウチクトウ_img
ツバキ ドナ・ヘルチリア・ドゥ・フライタスマガエス_img
椿 '唐錦'_img
ラナンキュラス・ゴールドコイン_img
パンノキ_img
キバナコスモス_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved