ハマユウ

  • ハマユウ_img_0

    ハマユウ @ マウイ島

  • ハマユウ_img_1

    ハマユウ @ マウイ島

  • ハマユウ_img_2

    ハマユウ @ マウイ島

  • ハマユウ_img_3

    ハマユウ @ マウイ島

  • ハマユウ_img_4

    ハマユウ @ 城ヶ崎海岸

基本情報

花名
ハマユウ
英名
Crinum asiaticum
学名
Crinum asiaticum
別名
浜木綿, Crinum, クリナム, ハマオモト, 浜万年青, Poison bulb , giant crinum lily, grand crinum lily, spider lily, Hamayu
原産地
インドネシアとスマトラ
生活型
常緑多年草

コメント

ハマユウ(浜木綿、学名:Crinum asiaticum)は、インドネシアとスマトラ原産で、ヒガンバナ科ハマオモト属の常緑多年草です。暖地を好み、海岸の砂地や、花壇で見られます。厚く光沢がある根生葉は太く長い線形です。根生葉の間から、やや扁平で太い花茎(偽茎)を80 cm程伸ばします。夏~初夏の夕方に、花茎先端から散形花序を伸ばし、白花を多数咲かせます。小花は漏斗状で先端が6深裂します。花は夜中に満開になり、芳香でスズメ蛾を呼び寄せるのある虫媒花です。受精後、球形の果実が成ります。熟して裂開した果実から種子が落下し、海流に乗って砂浜に漂着して発芽し、子孫を増やします。全草有毒で特に鱗茎が最強であり、その一方薬用にもなります。花名の由来は、浜辺に咲き、花が神事に使われる木綿(ユウ=楮、学名:Broussonetia kazinoki × B. papyrifera)に似ていることに拠ります。属名”Crinum”は、「crinon(百合)」、種小名”asiaticum”は「asiaticum(アジアの)」を意味します。花言葉は「汚れがない」は神事に使われることに拠ります。似ている花に、以下のハマオモト属と、ハマユウ(浜木綿、学名:Crinum asiaticum)アフリカハマユウ(学名:Crinum bulbispermum)
クリヌム・ヤグス(学名:Crinum jagus)、と、ヒメノカリス(caribaea)属の スパイダーリリー(ヒメノカリス・カリバエア、学名:Hymenocallis caribaea)、があります。

一般名:ハマユウ(浜木綿)、学名:Crinum asiaticum L.、別名:Hamayu、ハマオモト(浜万年青)、クリナム(Crinum)、Poison bulb 、p、giant crinum lily, 、grand crinum lily、spider lily、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目ヒガンバナ科ハマオモト属ハマユウ種、原産地:インドネシアとスマトラ、生息分布:太平洋側の海岸線 環境:砂地、草丈:100~150 cm、葉形:帯状披針形、葉長:70 cm、葉幅:1 0 cm、葉縁:波状、花序形:散形花序、花の咲く場所:花茎頂、花径: 6 cm、花色:白で芳香有り 、花茎長:80 cm、花弁数:10~20、花期:6月~9月、備考:全草毒性及び薬用植物、防砂、観賞用。

詳細情報

キジカクシ
ヒガンバナ
ハマオモト
ハマユウ
花言葉
汚れがない / No stains
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
披針形
葉の縁
波状
鑑賞場所
海岸
開花時期
6月7月8月9月
高さ
100 ~ 150 [cm]
花径
6 ~ 6

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved