タカサゴユリ

  • タカサゴユリ_img_0

    タカサゴユリ @ 木場公園

  • タカサゴユリ_img_1

    タカサゴユリ @ 木場公園

  • タカサゴユリ_img_2

    タカサゴユリ @ 木場公園

基本情報

花名
タカサゴユリ
英名
Lilium formosanum
学名
Lilium formosanum
別名
タイワンユリ, 台湾百合, ホソバテッポウユリ, 高砂百合
原産地
台湾
生活型
耐寒性球根植物

コメント

タカサゴユリ(高砂百合、学名:Lilium formosanum)は、台湾原産で、ユリ科ユリ属の耐寒性球根植物です。高砂百合(L. formosanum)と鉄砲百合(L. longiflorum)はどちらも白く同サイズの筒状花を咲かせます。違いは、高砂百合(L. formosanum)は、筒状花の外側に赤縞があること、葉が細いこと、鉄砲百合(L. longiflorum)より草丈が高いこと、開花時期が遅いことです。開花時期は、鉄砲百合(L. longiflorum)は春から咲き始めるのに対し、高砂百合(L. formosanum)は、夏~秋に咲きます。タカサゴユリ(L. formosanum)と鉄砲百合(L. longiflorum)には自然交雑がありシンテッポウユリ(新鉄砲百合、学名: Lilium x formolongo)と呼ばれます。新鉄砲百合(L. x formolongo)は、夏から初秋に白い筒状花を咲かせますが、筒の外側に赤縞はなく葉は細く繁殖は種子で行います。属名「Lilium」は、ラテン語の「leirion(白色)」から、種小名「formosanum」は「台湾の」と言う意味です。花言葉は「威厳」。

ユリ属には、ヤマユリ(山百合)やカノコユリ(鹿の子百合)等の交配品種であるオリエンタルハイブリッドや、アジアンティック・ハイブリッド(Asiatic hybrids)という園芸品種もあります。

一般名:タカサゴユリ(高砂百合)、学名:Lilium formosanum、別名:タイワンユリ(台湾百合)、ホソバテッポウユリ(細葉鉄砲百合)、分類名:植物界被子植物門単子葉植物網ユリ目ユリ科ユリ属 、原産地:台湾、草丈:100~150 cm、開花期:7月~10月、花色:白、花径:10 cm。

詳細情報

ユリ
ユリ
ユリ
タカサゴユリ
花言葉
威厳 / Majesty
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
ユリ形
葉のタイプ
円筒形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
海外植物園
開花時期
7月8月9月10月
高さ
100 ~ 150 [cm]
花径
10 ~ 10

Copyright © 2018 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved