アジアンティック・ハイブリッド

  • アジアンティック・ハイブリッド_img_0

    アジアンティック・ハイブリッド @ 浜名湖花博2004

基本情報

花名
アジアンティック・ハイブリッド
英名
Asiatic Hybrids
学名
Lilium× elegans
別名
スカシユリ, Asiatic hybrids
原産地
日本他(園芸品種)
生活型
多年性草本(球根植物)

コメント

アジアティック・ハイブリッド(Asiatic Hybrids、(AH)、学名:Lilium× elegans)は、ユリ科ユリ属の多年性草本ユリ(百合)の一種です。エゾスカシユリオニユリヒメユリ等のアジア原種(主として、スカシユリ)とヨーロッパのオレンジリリー(Orange lily)を元に交配育種された園芸品種です。特徴は草丈が低く、花が鮮やかで、色彩は豊富、花は上向きに咲き、香りは少なく、花径は小で、一茎に5個ほど蕾が付く多花で、葉は等間隔につけ、病気に強く丈夫で価格が安価です。
それに対し、カサブランカを代表品種とするオリエンタル(OH)系のユリは、ヤマユリやカノコユリ、ササユリなどの日本原産種を基に交配された品種で、草丈が高く、芳香があり、大輪花を横向きに咲かせ、価格は高価です。花色は白、桃色、赤、黄があります。
さらに、最近人気の品種として、沖縄のテッポウユリや、タカサゴユリのなどのトランペット形をしたユリを掛け合わせて改良したロンギフローラム・ハイブリッド(LH)系が出回っており、細長く、横向きに花を咲かせます。LH品種には、新鉄砲百合や、オーガスタ、雷山等があります。

一般名:アジアティックハイブリッド(Asiatic Hybrids、AH)
学名:Lilium× elegans (リリウム エレガンス)、
別名:スカシユリ(交雑種)、Elegant Lily(エレガント・リリー)、アジアンティック・ハイブリッド(Asiantic Hybrids)、
原産地:日本他(園芸品種)、
分類名:植物界被子植物単子葉類ユリユリユリ属、原産地:日本他(園芸品種)、生活型:多年性草本(球根植物)、
樹高:30~100cm、開花期:5月~8月、花色:橙・赤・桃色・白・茶色、花の咲き方:一重・八重、花径:中輪、花の咲く向き:上向き、
AH交配親:イトハユリ、イワトユリ、エゾスカシユリオニユリ、マツバユリ、ヒメユリなど
AH品種:エンチャントメント、コネチカットキング、サンシロー、モナ、
用途:フラワーアレンジメント、庭植え、百合根(オニユリの鱗茎、他にはヤマユリとコオニユリの2種)

詳細情報

ユリ
ユリ
ユリ
アジアティック・ハイブリッド
花のタイプ
放射相称花
花の配列
頭状花序
花弁の形
ユリ形
葉のタイプ
披針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
園芸品種
赤, ピンク, 橙, 黄, 白
開花時期
5月6月7月8月
高さ
30 ~ 100 [cm]
花径
8 ~ 12

Copyright © 2018 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved