かぎけん花図鑑

フレンチラベンダー

基本情報
花名
フレンチラベンダー
英名
Lavandula stoechas
学名
Lavandula stoechas
別名
ストエカスラベンダー, French lavender, Stoechas lavender, ラバンドラ・ストエカス
原産地
地中海沿岸~北アフリカ
生活型
半耐寒性常緑小低木
コメント
フレンチラベンダー (Fench lavender、学名:Lavandula stoechas)は、地中海沿岸~北アフリカ原産で、半耐寒性常緑小低木です。別名で、ストエカスラベンダー(Stoechas lavender)や、ラバンデュラ・ストエカス(Lavandula stoechas)とも呼ばれます。春~夏に開花し、花の頂部にある兎の耳のような紫色の苞が特徴です。ラベンダーの一種で、芳香はローズマリーに近いです。耐暑性に優れているので、日本の気候にも合います。ラベンダーにしては花穂が太いので、折れにくく、扱いやすいので、花壇や切り花に多く使われます。
一般名:フレンチラベンダー (Fench lavender)、学名:Lavandula stoechas 、別名:イタリアン・ラベンダー、スパニッシュ・ラベンダー、フレンチ・ラベンダー、ストエカスラベンダ(Stoechas lavender)、ラバンデュラ・ストエカス(Lavandula stoechas)、ラベンダー(Lavender)、エル・ストエカス(L. stoechas)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目シソ科ラバンデュラ属ストエカス種、原産地:地中海沿岸~北アフリカ、樹高:30~60 cm、開花期:5月~8月、花色:青紫・白、花序高:5 cm。
●ラベンダーの栽培種
ストエカスラベンダー(Stoechas Lavender)、 イングリッシュラベンダー(L. angustifolia)、 デンタータラベンダー(DentataLavender)、 スパイカラベンダー(SpaicaLavender)、 プテロストエカスラベンダー(PterostoechasLavender)、 交配種(L. x intermedia)、等
詳細情報
シソ
シソ
ラバンデュラ
ストエカスラベンダー
花のタイプ
左右相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
唇形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
庭 切り花・生け花 植物園 公園 鉢花 観葉植物
紫, 白
開花時期
5月 6月 7月 8月
高さ
30  ~ 60  [cm]
花径
0.1  ~ 0.3