ルドベキア

  • ルドベキア_img_0

    ルドベキア @ 不明

基本情報

花名
ルドベキア
英名
Rudbeckia
学名
Rudbeckia
別名
アラゲハンゴンソウ, Rudbeckia, Rudbeckia, black-eyed-Susan
原産地
北米
生活型
耐寒性一年草又は多年草

コメント

ルドベキア(Rudbeckia)は、北米生まれで、キク科ルドベキア属の耐寒性一年草又は多年草です。初夏~秋まで咲き続けます。花の大きさは小輪種や大輪種があり、花の咲き方には、一重咲きと八重咲きがあります。花名は、植物学者リンネの恩師であり植物学者のルドベックに因みます。切花、鉢花、花壇、コンテナ植え、グラウンドカバーに使われます。花の感じがエキナセア・プルプレア(学名︰ Echinacea purpurea)と似ています。

●花には2タイプ
★一年草と宿根草があります。一年草にはヒルタ種(学名:Rudbeckia、hirta)があり、代表種はグロリオデージーやゴールドフレイムです。花弁色は黄色で、花芯は黒または褐色で、草丈は40cm(ゴールドフレイム)、90cm(グロリオデージー)です。
★宿根草にはラキニアタ種(学名:Rudbeckia、laciniata、オオハンゴンソウ)、トリロバ種(学名:Rudbeckia、triloba)、フルギダ種(学名:Rudbeckia、fulgida)があります。

●代表品種
★ルドベキア・ヒルタ(Rudbeckia hirta)
ルドベキア・ヒルタは夏に、黄色い花をひょろと咲かせます。花芯部の筒状花は光沢のある褐色で高く盛り上っており、周辺花の花弁は黄色または橙色です。茎が細長いので風で草姿が乱れ、倒れやすいので紐で括られていることが多いです。

★ルドベキア・トリロバ(Rudbeckia triloba)
ルドベキア トリロバは、葉が3枚に裂けていることから、別名でミツバオオハンゴンソウ(三つ葉大反魂草)とも呼ばれます。

★ルドベキア、'プレーリーサン’
ルドベキア 'プレーリーサン’は、ヒルタ系の品種で、黄色花品種一重咲き大輪の一年草です。生活型:多年草 性質:根元から多分枝し多花性、草丈:60~80cm、花径:10~15cm、花色:黄橙色の花弁と、黄緑色の花芯が爽やか、用途:切花、鉢花、花壇、コンテナ植え。

一般名:ルドベキア(Rudbeckia)、学名:Rudbeckia(ルドベキア)、別名:アラゲハンゴンソウ(荒毛反魂草、矮性花)、マツカサギク(松笠菊)、black-eyed-Susan、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キク目キク科ルドベキア属(オオハンゴンソウ属)、原産地:北米、生活型:多年草又は、一年草、草丈:100~150cm、50cm(矮性種)、葉:根生葉(ロゼット)で柄がある。へら形で長い。花色:黄・橙、花径:6~20cm、5cm(矮性種)、花の咲き方:一重、八重、開花期:7月~9月、備考:オオハンゴンソウとハンゴンソウは別種の花。

詳細情報

キク
キク
オオハンゴンソウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
頭花
葉のタイプ
へら形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
橙, 黄
開花時期
7月8月9月
高さ
100 ~ 150 [cm]
花径
6 ~ 20

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved