モミ

Abies firma

クリスマス,X'mas tree

  • モミ
  • モミ
  • モミ
  • モミ
  • モミ
  • モミ
  • モミ
  • モミ
  • 花名
    モミ
  • 学名
    Abies firma
  • 別名樅, Abies firma, momi fir
  • 原産地日本
  • 開花場所植物園, 公園
  • 開花期4月, 5月
  • 花言葉「高尚」、「昇進」

モミとは

モミ(樅、学名:Abies firma)は、日本固有種で、マツ科モミ属の常緑針葉高木です。東北~九州・屋久島に自生します。樹形は円錐形で、樹高15~40 m、幹径は1.5 m程です。葉は線形で葉長は2~3 cmです。雌雄同株です。
春に、前年枝に黄色い尾状(房状)の雄花を咲かせます。雌花は前年枝の上部に緑色の直立した楕円形の花を咲かせます。雄花から花粉が飛散します。花後に大きな円柱形の松ぼっくり(球果)が成り10月に熟します。円錐形の樹形から、樹木はクリスマスツリーやシンボルツリーに用いられ、洋風庭園に植えられます。また、大気汚染や強い日射・西日に弱いことや、材が柔らかく耐久性に乏しため木材は柩や塔婆に使われます。花言葉は「高尚」、「昇進」です。
モミの木は日本ではクリスマスツリーに用いられますが、欧州ではドイツトウヒ(学名:Picea abies)が使われます。

特集 クリスマスツリーに使われる木をX'mas treeに載せました。

一般名:モミ(樅)、学名:Abies firma、又名:momi fir、分類名:植物界裸子植物門マツ網マツ目マツ科モミ属モミ種、原産地:日本、分布:東北~九州・屋久島、樹形:円錐形、樹高:15~40 m、樹幹径:1.5 m、葉形:線形、葉長:2~3 cm、雌雄同株、雌雄異花、開花期:4月~5月、花色:雄花は黄色・雌花は緑色、花冠形:雄花は尾状・雌花は楕円形、果実形:球果(松ぼっくり)、球果長:10~15 cm、球果直径:3~5 cm、用途:クリスマスツリー、シンボルツリー、洋風庭園。


  • マツ
  • マツ
  • モミ
  • モミ
  • 花のタイプ
    その他
  • 花序
    毬状花序
  • 花冠
    尾状
  • 葉形
    針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑針葉高木、クリスマスツリー
  • 花の色緑 黄
  • 葉の色
  • 実の色茶 緑
  • 高さ1500.0 ~ 4000.0 cm
  • 花径0.2 ~ 0.3 cm

ランダムな花