フクジュソウ

Adonis ramosa

  • フクジュソウ
  • フクジュソウ
  • フクジュソウ
  • フクジュソウ
  • フクジュソウ
  • フクジュソウ
  • フクジュソウ
  • フクジュソウ
  • 花名
    フクジュソウ
  • 学名
    Adonis ramosa
  • 別名元日草, 福寿草, ガンジツソウ, アドニス・アムレンシス, Far East Amur adonis, Adonis amurensis
  • 原産地日本などの東アジア
  • 開花場所庭, 低山
  • 開花期2月, 3月, 4月
  • 花言葉幸せを招く

フクジュソウとは

フクジュソウ(福寿草、学名:Adonis ramosa)は、日本などの東アジア原産で、キンポウゲ科フクジュソウ属の耐寒性多年草です。春告げ花とされ早春の山野や和庭園で黄色い八重咲きの花を咲かせます。葉が出る前に黄花を咲かせるので、最初は花だけが咲き、その後で葉が出ます。和名は「福寿草」という縁起の良い花名なので、正月の寄席植えにも使われます。花色は黄色の他、園芸品種には赤や、緑色もあります。花は可憐ですが、キンポウゲ科なので全草に毒があります。花言葉は、「幸せを招く」です。

一般名:フクジュソウ(福寿草)、学名:Adonis ramosa、別名:元日草(ガンジツソウ、がんじつそう)、朔日草(ツイタチソウ、ついたちそう)、Far East Amur adonis、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キンポウゲ目キンポウゲ科フクジュソウ属、原産地:日本などの東アジア、分布:北海道~四国、生活型:耐寒性多年草、草丈:15-40 cm、葉の出る時期:花後、葉形:2~3 回奇数羽状複葉、小葉形:卵形でさらに羽状深裂、葉序:互生、葉縁:裂+鋸歯、両性花、花径:3-4 cm、花色:黄、稀に赤、橙、白、花被片数:多数、萼片数:5~8 枚、花弁数:20~24枚、雄蕊数:多数、雌蕊数:複数個、開花期:2月から4月、果実型:痩果、果実形:長楕円形、備考:キンポウゲ科の花葉花被片が多い、虫媒花、繁殖方法:株分け、種子。


  • キンポウゲ
  • キンポウゲ
  • フクジュソウ
  • フクジュソウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    頭花
  • 葉形
    3回羽状複葉
  • 葉縁
  • 生活型耐寒性多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ15.0 ~ 40.0 cm
  • 花径3.0 ~ 4.0 cm

ランダムな花