マンリョウ

Ardisia crenata

  • マンリョウ
  • マンリョウ
  • マンリョウ
  • マンリョウ
  • マンリョウ
  • マンリョウ
  • マンリョウ
  • マンリョウ
  • 花名
    マンリョウ
  • 学名
    Ardisia crenata
  • 別名ヤブタチバナ, 藪橘, 万両, coral bush
  • 原産地日本、中国、朝鮮、インド
  • 開花場所野原・畦道, 庭, 盆栽
  • 開花期6月, 7月
  • 花言葉財産

マンリョウとは

マンリョウ(万両、学名:Ardisia crenata)は日本、中国、朝鮮、インド原産でヤブコウジ属の耐寒性常緑小低木です。葉縁に鋸歯があり厚く光沢のある葉が、茎頂に互生に密集して付きます。初夏に葉の下から白い小花を多数下向きに咲かせます。花後につく球形の実は、12月頃から赤く熟しますが落下せず次の冬まで残るものもあります。用途は、庭木や、鉢植、漢方薬などで、正月の縁起物としても使われます。

一般名:マンリョウ(万両)、学名:Ardisia crenata、別名:ヤブタチバナ(藪橘)、coral bush、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目ヤブコウジ科ヤブコウジ属マンリョウ種、原産地:日本、中国、朝鮮、インド、生息分布:関東から、四国、九州、沖縄、環境:林、樹高:30〜100 cm、葉形:披針形/倒披針形、葉身長:7〜15 cm、葉幅:2~4 cm、葉序:互生、花序径:散形花序、花径:0.8 cm、花色:白または淡紅色、萼片数:5、花冠:5裂、花の出る場所:茎頂または葉腋、開花期:6月~7月、果実型:核果、果実形:球形、果実色:赤・白・黄、果実径:0.6〜0. 8 cm、観賞期:10月~翌年5月。


  • ツツジ
  • ヤブコウジ
  • ヤブコウジ
  • マンリョウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    波状
  • 生活型耐寒性常緑小低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 100.0 cm
  • 花径0.7 ~ 0.8 cm

ランダムな花