ヒャクリョウ

Ardisia crispa

  • ヒャクリョウ
  • ヒャクリョウ
  • 花名
    ヒャクリョウ
  • 学名
    Ardisia crispa
  • 別名百両 , カタラチバナ, 唐橘
  • 原産地日本、中国、朝鮮、インド
  • 開花場所
  • 開花期7月, 8月

ヒャクリョウとは

ヒャクリョウ(百両、学名:Ardisia crispa)はサクラソウ科ヤブコウジ属の耐寒性常緑低木です。 葉は細長く、鋸歯はありません。 初夏に白花を咲かせ、冬に赤または白い実をつけます。 庭木や鉢植えに利用されます。

マンリョウ、センリョウ、ヒャクリョウ、ジュウリョウのように旧貨幣名がついているのは、果実の多さや樹高の高さにちなみます。 果実が多い→少ない順に、マンリョウ(万両、学名:Ardisia crenata)、センリョウ(千両、学名:Chloranthus glaber)、ヒャクリョウ(百両、学名:Ardisia crispa)、ジュウリョウ(十両、学名:Ardisia japonica )となります。 この内、センリョウ(千両)はセンリョウ科で、その他は、ヤブコウジ科です。

一般名:ヒャクリョウ(百両) 、学名:Ardisia crispa、別名:カタラチバナ(唐橘) 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目ヤサクラソウ科ヤブコウジ属カラタチバナ種 、原産地:日本、中国、朝鮮、インド、樹高:30cm、葉色:緑、葉形:細長い、鋸歯:無、花径:0.8cm、花色:白、開花期:7月~8月、果実色:赤・白、果実径:0.6~0.8cm、観賞期:12月~翌年5月。


  • ツツジ
  • サクラソウ
  • ヤブコウジ
  • カラタチバナ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    高杯形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型耐寒性常緑小低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ20.0 ~ 30.0 cm
  • 花径0.4 ~ 0.8 cm

ランダムな花