シュウカイドウ

Begonia grandis

  • シュウカイドウ
  • シュウカイドウ
  • シュウカイドウ
  • シュウカイドウ
  • シュウカイドウ
  • シュウカイドウ
  • シュウカイドウ
  • シュウカイドウ
  • 花名
    シュウカイドウ
  • 学名
    Begonia grandis
  • 別名秋海棠, Begonia grandis
  • 原産地中国、マレー半島
  • 開花場所
  • 開花期8月, 9月, 10月, 11月, 12月
  • 花言葉可憐な欲望

シュウカイドウとは

シュウカイドウ(秋海棠、学名:Begonia grandis)は、中国、マレー半島 原産で、シュウカイドウ科ベゴニア属の耐寒性の多年草(球根植物)です。 別名でヨウラクソウ(瓔珞草)とも呼ばれます。雌雄同株で雌雄異花です。葉は左右非対称です。長い茎先に小さなピンクの小花を咲かせます。実際には、花のように見えるものは萼で上下に2枚つきます。真の花弁はとても小さく、中央にある黄色い部分は雄花です。湿り気と半日影を好む植物です。生命力が旺盛であちこちで野生化します。 晩秋に葉腋につくムカゴや、株分け、挿木で繁殖させます。

一般名:シュウカイドウ(秋海棠)、学名:Begonia grandis spp. evansiana 、別名:ヨウラクソウ(瓔珞草) 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ウリ目シュウカイドウ科ベゴニア属 、原産国:中国、マレー半島、草丈:30~50 cm、葉形:左右非対称の卵形、葉縁:鋸歯、葉序:互生、花径:2~3 cm、開花期:8月~12月、花色:桃、白、果実型:蒴果、用途:花壇、鉢植え、グラウンドカバー 。


  • ウリ
  • シュウカイドウ
  • ベゴニア
  • シュウカイドウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    4弁花
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 50.0 cm
  • 花径2.0 ~ 3.0 cm

ランダムな花