ハマヒルガオ

Calystegia soldanella

  • ハマヒルガオ
  • ハマヒルガオ
  • ハマヒルガオ
  • ハマヒルガオ
  • 花名
    ハマヒルガオ
  • 学名
    Calystegia soldanella
  • 別名浜昼顔, False bindweed
  • 原産地世界中の熱帯域
  • 開花場所海岸
  • 開花期5月, 6月

ハマヒルガオとは

ハマヒルガオ(浜昼顔、学名:Calystegia soldanella)は世界中の熱帯地域原産で、ヒルガオ科ヒルガオ属の匍匐性多年草です。北海道~琉球列島の海岸の砂地に自生します。茎長は1~5mで砂浜を這って伸長します。葉は腎形で基部は左右に張り出します。5月~6月に花茎を伸ばし漏斗状で薄紅色をした花を一つ咲かせます。
葉が軍配に似たヒルガオ科サツマイモ属の「グンバイヒルガオ(軍配昼顔、Seaside Morning Glory、学名:Ipomoea pes-caprae)」と同様、代表的な海浜植物とされます。

一般名:ハマヒルガオ(浜昼顔)、学名:Calystegia soldanella、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナス目ヒルガオ科ヒルガオ属ハマヒルガオ種、別名:False bindweed、原産地:世界中の熱帯域、環境:砂浜、生活型:匍匐性多年草、茎長:1~5m。葉形:腎形で基部は左右に張り出す、葉長:1~4cm、葉幅:1~5.5cm、葉質:厚い、葉序:互生、葉縁:全縁又は浅い波状、開花期:5月~6月、花色:薄紅色、花形:漏斗状、花径:4~5cm、花形:漏斗状、雄蕊数:5、果実型:蒴果、種子:黒。


  • ナス
  • ヒルガオ
  • ヒルガオ
  • ハマヒルガオ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    腎臓形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型匍匐性多年草、海浜植物
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 20.0 cm
  • 花径4.0 ~ 6.0 cm

ランダムな花