クンシラン

Clivia miniata

  • クンシラン
  • クンシラン
  • クンシラン
  • クンシラン
  • クンシラン
  • クンシラン
  • 花名
    クンシラン
  • 学名
    Clivia miniata
  • 別名ウケザキクンシラン, 受け咲き君子蘭, クリビア, Clivia, 君子蘭
  • 原産地南アフリカ
  • 開花場所
  • 開花期3月, 4月, 5月
  • 花言葉誠実

クンシランとは

クンシラン(君子蘭、学名:Clivia miniata)は南アフリカ原産で、ヒガンバナ科クンシラン属の半耐寒性多年草です。春に、葉の間から出た細長い花茎の先端から集散花序を伸ばし5〜8個の花を付けます。花色は通常朱赤色で、その他、薄黄色や、白色、桃色があります。葉は細葉や、中葉、広葉、斑入り/斑無等、種類が豊富です。別名でウケザキクンシラン(受け咲き君子蘭)とも呼ばれます。
しかし、ムラサキクンシラン(紫君子蘭)と呼ばれるアガパンサス(Agapanthus)は同科別属(アガパンサス属)です。

君子蘭の花言葉


花言葉は「誠実」です。花名の「君子」から付けられました。

君子蘭の情報


一般名:クンシラン(君子蘭)、学名:Clivia miniata(クリビア・ミニアータ)、別名:ウケザキクンシラン(受け咲き君子蘭)、クリビア(Clivia)、APG植物分類体系:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目ヒガンバナ科クンシラン属(クリビア属)、原産地:南アフリカ、草丈:45〜60 cm、花径:5〜7 cm、花色:橙・黄・白、開花期:3月〜5月。


  • キジカクシ
  • ヒガンバナ
  • クンシラン
  • クンシラン
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    線形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型半耐寒性多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ45.0 ~ 60.0 cm
  • 花径5.0 ~ 7.0 cm

ランダムな花