ゴゼンタチバナ

Cornus canadense

  • ゴゼンタチバナ
  • ゴゼンタチバナ
  • ゴゼンタチバナ
  • ゴゼンタチバナ
  • ゴゼンタチバナ
  • ゴゼンタチバナ
  • ゴゼンタチバナ
  • ゴゼンタチバナ
  • 花名
    ゴゼンタチバナ
  • 学名
    Cornus canadense
  • 別名
  • 原産地日本、朝鮮半島、中国等のアジア、欧州北部、北米の北西部と北西部
  • 開花場所高山
  • 開花期6月, 7月

ゴゼンタチバナとは

ゴゼンタチバナ(御前橘、学名: Cornus canadense)は、日本、朝鮮半島、中国等のアジア、欧州北部、北米の北西部原産で、ミズキ科ゴゼンタチバナ属の常緑多年草です。日本では北海道~本州の山地の針葉樹林帯やハイマツ帯に自生します。草丈は20 cm程にしかなりません。地中に根茎が伸び、匍匐して繁殖します。夏に開花します。白い4弁花のように見えるものは総苞片です。本当の花は中央にある小さな薄黄色のものです。花後に果実が成り、熟すと赤くなります。似た花に、エゾゴゼンタチバナ(蝦夷御前橘、学名:Cornus suecicum)があります。

ゴゼンタチバナとゴゼンタチバナの違い


両者の違いは、葉の付き方が違います。御前橘(C. canadense)は輪生状に付くのに対し、蝦夷御前橘(C. suecicum)は十字対生します。また、花色が御前橘(C. canadense)は薄黄色であるのに対し、蝦夷御前橘(C. suecicum)は黒紫色です。

ゴゼンタチバナの情報


一般名:ゴゼンタチバナ(御前橘)、学名: Cornus canadense、別名:Eurasian dwarf cornel、分類名:植物界被子植物門真正双子葉類ミズキ目ミズキ科ミズキ属ゴゼンタチバナ種、原産地:日本、朝鮮半島、中国等のアジア、欧州北部、北米の北西部、生息分布:北海道~本州、環境:山地の針葉樹林帯やハイマツ帯、生活型:常緑多年草、草丈:5~15 cm、葉形:倒卵形、葉身:3~6 cm、葉序:輪生状、花径:0.25 cm、花:白い花のように見えるのは花弁状の苞、花色:薄黄、開花期:6月~7月、果実形:球形、果実径:0.5~0.8 cm、果実色:赤。


  • ミズキ
  • ミズキ
  • ミズキ
  • ゴゼンタチバナ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    4弁花
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑多年草
  • 花の色薄黄
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ5.0 ~ 20.0 cm
  • 花径0.25 ~ 0.25 cm

ランダムな花