レブンアツモリソウ

Cypripedium macranthos var. flavum

  • レブンアツモリソウ
  • レブンアツモリソウ
  • レブンアツモリソウ
  • レブンアツモリソウ
  • レブンアツモリソウ
  • レブンアツモリソウ
  • レブンアツモリソウ
  • レブンアツモリソウ
  • 花名
    レブンアツモリソウ
  • 学名
    Cypripedium macranthos var. flavum
  • 別名礼文敦盛草
  • 原産地北海道礼文島
  • 開花場所北海道, 特定の地域
  • 開花期5月, 6月

レブンアツモリソウとは

レブンアツモリソウ(礼文敦盛草、学名:Cypripedium macranthos var. flavum)は礼文島に自生地し、アツモリソウ(敦盛草)の1品種であるラン科の多年草です。晩春から初夏に、白~薄黄の花を咲かせます。礼文島では、レブンアツモリソウ群落地の他、高山植物園で見られます。自然災害や人的災害で激減しています。唇弁(袋状)が顎のように見えてユーモラスです。花の感じが、同じラン科の パフィオペディルム・マリポエンセ(Paphiopedilum malipoense) と似ています。

一般名:レブンアツモリソウ(礼文敦盛草)、学名:Cypripedium macranthos var. flavum、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目ラン科アツモリソウ属、原産地:北海道礼文島、草丈:15〜35cm、葉身:5〜15cm、花色:白〜薄黄、唇弁長:3.5~5cm、唇弁形:袋状、側花弁:広卵形、開花期:5月下旬〜6月中旬。


  • キジカクシ
  • ラン
  • アツモリソウ
  • レブンアツモリソウ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    唇形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型多年草
  • 花の色薄黄 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ15.0 ~ 35.0 cm
  • 花径3.5 ~ 5.0 cm

ランダムな花