ディモルフォセカ

Dimorphotheca sinuata

  • ディモルフォセカ
  • ディモルフォセカ
  • ディモルフォセカ
  • ディモルフォセカ
  • 花名
    ディモルフォセカ
  • 学名
    Dimorphotheca sinuata
  • 別名アフリカキンセンカ, Dimorphoeca, アフリカ金盞花, ディモルホセカ
  • 原産地南アフリカ
  • 開花場所庭, 切り花・生け花
  • 開花期3月, 4月, 5月
  • 花言葉豊富

ディモルフォセカとは

ディモルホセカ(Dimorphotheca、学名:Dimorphotheca sinuata)は、南アフリカ原産で、キク科ディモルフォセカ属の半耐寒性一年草です。熱帯地方出身のため雨に弱く、また、曇天や夕方になると花を閉じる一日花です。葉は単葉で、披針形~線形をしています。花弁に光沢のある黄や橙色、赤の暖色系の花を咲かせます。似た花を咲かせる植物にアークトチス(Arctotis)がありますが、葉は羽状深裂し、綿毛があるため白っぽく見えます。

代表品種は、ディモルホセカ・シヌアタ(写真)で舌状花が黄橙、筒状花が焦茶色です。その他、ディモルホセカ・プルウィアリスは白い舌状花で、花弁裏と筒状花が紫色をしています。オステオスペルマムと似ています。
その違いは、以下となります。

オステオスペルマムディモルフォセカの違い

花色はオステオスペルマム(Osteospermum)の方が豊富で、寒色が主で暖色もあります。ディモルホセカ(Dimorphotheca)は暖色系多いです。ディモルホセカ(Dimorphoeca)は一年草(日本では)ですが、オステオスペルマムは多年草です。オステオスペルマムは葉縁が全縁で花茎に葉が付きますが、ディモルホセカの葉には鋸歯があり葉が花茎に付きません。

一般名:ディモルホセカ(Dimorphotheca)、学名:Dimorphotheca sinuata、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科ディモルフォセカ属、別名:アフリカキンセンカ(アフリカ金盞花)、原産地:南アフリカ、草丈:25~50 cm、葉形:披針形~線形、頭状花序、花径:3~8 cm、開花期:3月~5月、舌状花の色:橙・黄・白(花弁の裏は紫)、用途:花壇、切り花。


  • キク
  • キク
  • ディモルフォセカ
  • ディモルホセカ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    頭花
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型半耐寒性一年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ25.0 ~ 50.0 cm
  • 花径3.0 ~ 8.0 cm

ランダムな花