インドボダイジュ

Ficus religiosa

  • インドボダイジュ
  • インドボダイジュ
  • 花名
    インドボダイジュ
  • 学名
    Ficus religiosa
  • 別名bodhi tree, pippala tree, ボダイジュ, 印度菩提樹, sacred fig, フィクス・レリギオサ
  • 原産地インド、スリランカ、中国、インドシナ
  • 開花場所温室, 亜熱帯地域, 観葉植物
  • 開花期

インドボダイジュとは

インドボダイジュ(印度菩提樹、学名:Ficus religiosa)は、インド、スリランカ、中国、インドシナ原産でインドの国花とされるクワ科イチジク属の非耐寒性半落葉広葉高木です。釈迦がその木の下で悟りを開いたと伝えられる仏教三大聖樹の一つです。ストラングラーツリー(strangler tree、絞め殺しの木)とも呼ばれ、鳥によって運ばれた種子が 糞と共に他の木の上に排泄され発芽し、気根を伸ばし栄養を奪い宿主を枯らしてしまうことがあるからです。葉はハート形で先端が長く伸びます。花はイチジクと同様、花嚢の内部に多数の花を咲かせます。

一般名:インドボダイジュ(印度菩提樹)、学名:Ficus religiosa、別名:フィクス・レリギオサ、sacred fig、bodhi tree、pippala tree、覚樹、道場樹、分類名:植物界被子植物真正双子葉植物綱バラ目クワ科属、原産地:インド、スリランカ、中国、インドシナ、樹高:20-30m、葉形:心形、葉柄:長い、雌雄同株、花色:薄黄、開花期:6月~7月、花序:隠頭花序、果実径:1.5cm、果実色:暗紫色、用途:樹木は神木、防風、防潮、木影樹、樹皮は染料や薬用、葉は家畜の飼料、果実と樹液は薬用。


  • バラ
  • クワ
  • イチジク
  • ボダイジュ
  • 花のタイプ
    その他
  • 花序
    イチジク型花序
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
    心臓形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型非耐寒性半落葉高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ2000.0 ~ 3000.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花