ゼンテイカ

Hemerocallis middendorffii var. esculenta

  • ゼンテイカ
  • ゼンテイカ
  • ゼンテイカ
  • ゼンテイカ
  • ゼンテイカ
  • ゼンテイカ
  • 花名
    ゼンテイカ
  • 学名
    Hemerocallis middendorffii var. esculenta
  • 別名ニッコウキスゲ, 日光黄菅, 禅庭花, Daylily, Nikkōkisuge, 禅庭花, Hemerocallis esculenta
  • 原産地日本、中国
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期5月, 6月, 7月, 8月

ゼンテイカとは

ゼンテイカ(禅庭花、学名: Hemerocallis dumortieri var. esculenta、旧学名:Hemerocallis middendorffii var. esculenta)は、日本~中国原産で、ススキノキ科ワスレグサ属の多年草です。夏に、日本全国の野原の湿った場所で、花茎先に黄色い一重の花を数個咲かせます。花は朝咲いて夕方に閉じる一日花です。
日光地方に多いので、ニッコウキスゲ(日光黄菅)、北海道ではエゾカンゾウとも呼ばれます。分類学が進みこれまで使われていた学名はシノニムとなりました。新しい学名は、学名: Hemerocallis dumortieri var. esculenta です。
尾瀬沼などの湿地でこの禅庭花と同時期にキンコウカ(金黄花、学名:Narthecium asiaticum)が咲いています。

一般名:ゼンテイカ(禅庭花)、学名: Hemerocallis dumortieri var. esculenta, シノニム: Hemerocallis middendorffii var. esculenta, 、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目ススキノキ科ワスレグサ属ゼンテイカ種、別名:Daylily、ニッコウキスゲ(日光黄菅)、生息分布:日本全国、生息地:中間湿原、草丈:50〜60 cm、葉形:細長、葉長:50〜80 cm、葉幅:2 cm、花冠形:漏斗状、花弁:6枚(3枚は萼)、花径:5~10cm、花色:黄色(花は一日花)、開花期:5月〜8月。


  • キジカクシ
  • ススキノキ
  • ワスレグサ
  • ゼンテイカ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    頭状花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    線形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 60.0 cm
  • 花径5.0 ~ 10.0 cm

ランダムな花