ノカンゾウ

Hemerocallis fulva var. longituba

  • ノカンゾウ
  • ノカンゾウ
  • ノカンゾウ
  • ノカンゾウ
  • ノカンゾウ
  • ノカンゾウ
  • ノカンゾウ
  • ノカンゾウ
  • 花名
    ノカンゾウ
  • 学名
    Hemerocallis fulva var. longituba
  • 別名野萱草, Orange Daylily, カンゾウ, ベニカンゾウ, Hemerocallis, ヘメロカリス, ワスレグサ, 忘れ草
  • 原産地中国、朝鮮半島、日本
  • 開花場所野原・畦道, 庭
  • 開花期7月, 8月
  • 花言葉苦しみからの解放

ノカンゾウとは

ノカンゾウ(野萱草、学名:Hemerocallis longituba var. longituba)は、中国、朝鮮半島、日本原産で、ススキノキ科ワスレグサ属の多年草です。夏に、日本全国の野原の湿った場所で、花茎の先に橙色の一重の花を咲かせます。ワスレグサ(忘れ草)の変異体です。他のワスレグサ属の花と同様、一日花なので、朝咲いて夕方には萎びます。 花は下部が筒状で、先端が6花被片に分かれて平開します。花色には濃淡があり、赤みがかかっているものはベニカンゾウ(紅菅草)と呼ばれます。
葉は細長く弓なりに曲がります。 花や若葉、芽は食用となり、全草及び蕾を乾したものは金針菜という生薬になります。似た花に、八重咲きで一回り大きいヤブカンゾウ(藪萱草)や、高原で黄花を咲かせるゼンテイカ(ニッコウキスゲ、日光黄菅)、夕方から咲くユウスゲ(夕菅)などがあります。

一般名:ノカンゾウ(野萱草)、学名:Hemerocallis fulva var. longituba、又名: ベニカンゾウ、ワスレグサ(忘れ草)、APG分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱キジカクシ目ススキノキ科(旧科名:ワスレグサ科)ワスレグサ属、別名:Orange Daylily、ベニカンゾウ(赤いもの) 、原産地:中国、朝鮮半島、日本、分布:日本全国、生息地:山野の湿った場所、草丈:70~90 cm、葉形:剣状線形、葉長:30~80 cm, 葉幅:1~1.5 cm、開花期:7月~8月、花径:7 cm、花筒長:3~4 cm、花弁:6枚、花色:橙、果実型:蒴果、用途:観賞用、生薬。


  • キジカクシ
  • ススキノキ
  • ワスレグサ
  • ノカンゾウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    円錐/複総状花序
  • 花冠
    鐘形
  • 葉形
    線形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ70.0 ~ 90.0 cm
  • 花径7.0 ~ 7.0 cm

ランダムな花