イリス・クリスタータ

Iris cristata

小型のアヤメ

  • イリス・クリスタータ
  • イリス・クリスタータ
  • イリス・クリスタータ
  • イリス・クリスタータ
  • イリス・クリスタータ
  • イリス・クリスタータ
  • 花名
    イリス・クリスタータ
  • 学名
    Iris cristata
  • 別名アイリス
  • 原産地北米南東部
  • 開花場所庭, 植物園
  • 開花期5月
  • 花言葉謙虚

イリス・クリスタータとは

イリス・クリスタータ(学名:Iris cristata)は北米南東部原産で、アヤメ科アヤメ属の小型の常緑多年草です。根茎が発達し、緑色で太く短い剣形の根生葉が横に這います。春に、葉の間から、細長い花茎を出して茎頂に6弁花を咲かせます。株高が低く、カーペット状に群生します。

一般名:イリス・クリスタータ、学名:Iris cristata、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目アヤメ科アヤメ属、aka:ドワーフクレステッドアイリス、株高: 7-12 cm、葉質:皮質、葉形:細長い剣形、花色:薄青紫色、花径:5-7 cm、開花期:5月、果実型:蒴果、用途:庭植え、鉢植え、切花。


  • キジカクシ
  • アヤメ
  • アヤメ
  • アヤメ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    あやめ形
  • 葉形
    剣形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ7.0 ~ 12.0 cm
  • 花径5.0 ~ 7.0 cm

ランダムな花