ケイビアヤメ

Iris suaveolens

  • ケイビアヤメ
  • ケイビアヤメ
  • ケイビアヤメ
  • ケイビアヤメ
  • ケイビアヤメ
  • ケイビアヤメ
  • 花名
    ケイビアヤメ
  • 学名
    Iris suaveolens
  • 別名鶏尾菖蒲, イリス・スアベオレンス, Iris suaveolens, イリス・メリタ, Iris mellita
  • 原産地トルコ、ブルガリアなど地中海沿岸原産の園芸品種
  • 開花場所
  • 開花期3月, 4月, 5月

ケイビアヤメとは

ケイビアヤメ(鶏尾菖蒲、学名:Iris suaveolens)は、トルコ、ブルガリアなど地中海沿岸原産の園芸品種でアヤメ科アヤメ属の耐寒性宿根草(多年草)です。 葉は丸みを帯びた剣状で外側に湾曲しています。葉がニワトリ♂(雄鶏)の尾羽に似ていることから命名されました。花茎が極端に短く草丈は10cm程しかありません。春、 花茎先端に大きな芳香のある花を咲かせます。花色には、濃紫や、黄、薄黄があります。一日花で開花日数は1~2日と短いです。用途は、草丈が低く丈夫なので、鉢植えの他、ロックガーデンに植えられます。

一般名:ケイビアヤメ(鶏尾菖蒲) 、学名:Iris suaveolens、別名:イリス・スアベオレンス(Iris suaveolens)、イリス・メリタ(Iris mellita)、分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱キジカクシ目アヤメ科アヤメ属 、原産地:トルコ、ブルガリアなど地中海沿岸、生活型:耐寒性宿根草(多年草)、 草丈:10~15cm、葉長:7cm、葉形:丸みを帯びた剣状で外側に湾曲、開花期:3月~5月、花長:7ー8cm、花色:濃紫・黄・薄黄、特徴:小型だが大きな花を咲かせる園芸品種


  • キジカクシ
  • アヤメ
  • アヤメ
  • ケイビアヤメ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    あやめ形
  • 葉形
    剣形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型耐寒性宿根草(多年草)
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 15.0 cm
  • 花径4.5 ~ 5.5 cm

ランダムな花