マツバギク、ラプランサス, Lampranthas, サボテン草, サボテンギク, 仙人掌菊,

Lampranthus spectabilis

  • マツバギク、ラプランサス, Lampranthas, サボテン草, サボテンギク, 仙人掌菊,
  • マツバギク、ラプランサス, Lampranthas, サボテン草, サボテンギク, 仙人掌菊,
  • マツバギク、ラプランサス, Lampranthas, サボテン草, サボテンギク, 仙人掌菊,
  • マツバギク、ラプランサス, Lampranthas, サボテン草, サボテンギク, 仙人掌菊,
  • マツバギク、ラプランサス, Lampranthas, サボテン草, サボテンギク, 仙人掌菊,
  • マツバギク、ラプランサス, Lampranthas, サボテン草, サボテンギク, 仙人掌菊,
  • マツバギク、ラプランサス, Lampranthas, サボテン草, サボテンギク, 仙人掌菊,
  • マツバギク、ラプランサス, Lampranthas, サボテン草, サボテンギク, 仙人掌菊,
  • マツバギク、ラプランサス, Lampranthas, サボテン草, サボテンギク, 仙人掌菊,
  • マツバギク、ラプランサス, Lampranthas, サボテン草, サボテンギク, 仙人掌菊,
  • マツバギク、ラプランサス, Lampranthas, サボテン草, サボテンギク, 仙人掌菊,
  • マツバギク、ラプランサス, Lampranthas, サボテン草, サボテンギク, 仙人掌菊,
  • マツバギク、ラプランサス, Lampranthas, サボテン草, サボテンギク, 仙人掌菊,
  • マツバギク、ラプランサス, Lampranthas, サボテン草, サボテンギク, 仙人掌菊,
  • 花名
    マツバギク、ラプランサス, Lampranthas, サボテン草, サボテンギク, 仙人掌菊,
  • 学名
    Lampranthus spectabilis
  • 別名松葉菊, Lampranthus spectabilis, ラプランサス, Lampranthas, サボテン草, サボテンギク, 仙人掌菊, Fig Marigold
  • 原産地南アフリカ
  • 開花場所
  • 開花期4月, 5月, 6月
  • 花言葉のんびり気分

マツバギク、ラプランサス, Lampranthas, サボテン草, サボテンギク, 仙人掌菊,とは

マツバギク(松葉菊、学名:Lampranthus spectabilis)は、南アフリカ 原産で、ハマミズナ科マツバギク属の半耐寒性常緑多年草です。草丈は低く、茎は地上を這い根元で良く分枝します。ハナスベリヒユの仲間で、花は花弁はビロード状で細長く切れて菊花に似ており、葉は多肉質で松葉と似ています。花色が豊富で、桃色が主ですが、赤や、白、紫、黄、橙色があります。マツバギクの花をずっと小さくすれば、葉形は違いますが、ハナツルソウ(花蔓草)と似ています。草全体の雰囲気が、スベリヒユ科のマツバボタン(松葉牡丹、Portulaca grandiflora)と似ていますが、マツバボタンの花は花弁がふわりとした牡丹の花と似ています 。

一般名マツバギク(松葉菊、学名:Lampranthus spectabilis、別名:ラプランサス(Lampranthas)、サボテン草、サボテンギク(仙人掌菊)、Fig Marigold、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナデシコ目ハマミズナ科マツバギク属 、原産地:南アフリカ、生活型:半耐寒性常緑多年草、茎:木質化し横に這い根元で良く分枝、草丈:10~30cm、葉序:対生、葉形:棒状・多肉質で3稜のある短い線形、葉縁:全縁、放射相称花、両性花、単頂花序、花期:4月~6月、花色:桃・橙・黄 ・白・青紫、花径:4~6cm、萼数:5、果実、蒴果、用途:グランドカバー


  • ナデシコ
  • ハマミズナ
  • マツバギク
  • マツバギク
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    唇形
  • 葉形
    線形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型半耐寒性常緑多年草、多肉植物
  • 花の色桃 白 黄
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 30.0 cm
  • 花径4.0 ~ 6.0 cm

ランダムな花