ハギ

Lespdeza.

  • ハギ
  • ハギ
  • ハギ
  • ハギ
  • ハギ
  • ハギ
  • ハギ
  • ハギ
  • ハギ
  • ハギ
  • 花名
    ハギ
  • 学名
    Lespdeza.
  • 別名庭見草, 萩, Bush clover, ニワミグサ
  • 原産地日本、朝鮮、中国などの東アジア
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期6月, 7月, 8月, 9月, 10月
  • 花言葉「思案」

ハギとは

ハギ(萩、学名:Lespdezap.)は、日本、朝鮮、中国等の東アジア原産でマメ科ハギ属の落葉低木です。万葉の時代から栽培されており秋の七草の一つとされます。基部は木質化しており堅いです。上部は分枝して垂れ下がり枝先にマメ科特有の蝶に似た口唇形の小花を多数咲かせます。花色には赤紫、または白色があります。葉は三出複葉で互生してつきます。ハギの品種には、ヤマハギ(山萩)やミヤギノハギ(宮城の萩)があります。

一般名:ハギ(萩)、学名:Lespdeza(レスペデザ)、別名:庭見草(ニワミグサ)、初見草(ハツミグサ)、鹿鳴草(シカナキグサ)、鹿妻草(シカツマグサ)、Bush clover(ブッシュクローバー)、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱マメ目マメ科ハギ属、原産地:日本、朝鮮、中国などの東アジア、草丈:150〜250cm、開花期:6月~10月、花色:赤紫・白。


  • マメ
  • マメ
  • ハギ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    頭状花序
  • 花冠
    蝶形
  • 葉形
    3出複葉
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ150.0 ~ 250.0 cm
  • 花径1.0 ~ 1.0 cm

ランダムな花