タブノキ

Machilus thunbergii

  • タブノキ
  • タブノキ
  • タブノキ
  • タブノキ
  • タブノキ
  • タブノキ
  • タブノキ
  • タブノキ
  • タブノキ
  • タブノキ
  • 花名
    タブノキ
  • 学名
    Machilus thunbergii
  • 別名イヌグス, 椨の木, 犬楠, タブ
  • 原産地中国、韓国、台湾、日本
  • 開花場所庭, 公園, 街路、植栽
  • 開花期4月, 5月, 6月

タブノキとは

タブノキ(椨の木、学名:Machilus thunbergii)は、中国、韓国、台湾、日本原産で、クスノキ科タブノキ属の常緑高木又は灌木です。別名で「イヌグス(犬楠)」とも呼ばれます。
春に黄緑色の花を咲かせ、花後に赤い花茎先端に緑色の小さな球形の果実が成ります。葉は革質で光沢があり互生して付きます。材は家具や建築などに使われます。灰褐色の樹皮は黄八丈など黄色の染料として使われます。枝葉を乾燥・製粉したものがタブ粉で線香などに使われます。

一般名:タブノキ(椨の木)、学名:Machilus thunbergii、シノニム:Persera thunbergii 、別名:イヌグス(犬楠)、タブ(椨)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類クスノキ目クスノキ科タブノキ属、原産地:中国、韓国、台湾、日本、樹高:20 m、木直径:1 m、放射対称、花色:黄緑、開花期:4月〜6月、葉形:倒卵形、葉長:10〜15 cm、葉幅:3〜6 cm、結実期:8月〜9月、果実径:1 cm。


  • クスノキ
  • クスノキ
  • タブノキ
  • タブノキ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    6弁花
  • 葉形
    倒卵形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑高木又は灌木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ1000.0 ~ 2000.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花