ウラジロヨウラク

Menziesia multiflora

  • ウラジロヨウラク
  • ウラジロヨウラク
  • ウラジロヨウラク
  • ウラジロヨウラク
  • ウラジロヨウラク
  • ウラジロヨウラク
  • 花名
    ウラジロヨウラク
  • 学名
    Menziesia multiflora
  • 別名ミズイチョウ, 裏白瓔珞, 水銀杏
  • 原産地日本
  • 開花場所
  • 開花期5月, 6月, 7月

ウラジロヨウラクとは

ウラジロヨウラク(裏白瓔珞、学名:Menziesia multiflora )は、ツツジ科ヨウラクツツジ属の落葉低木です。本州の太平洋側山地の湿地や林縁に自生します。
春~夏に、茎から総状花序を伸ばし、釣り鐘型で桃色の花を数個束生して下向きに咲かせます。花の先端が5浅裂し反り返ります。ドウダンツツジ(満天星躑躅)と似ています。花名は、葉裏が白いことと、花形が瓔珞仏像(ようらくぶつぞう)の装身具に似ていることに因みます。春に緑色だった葉は秋に黄葉します。

一般名:ウラジロヨウラク(裏白瓔珞)、学名:Menziesia multiflora 、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ツツジ目ツツジ科ヨウラクツツジ属ウラジロヨウラク種、別名:ミズイチョウ(水銀杏)、分布:本州(東北、関東、中部地方)の太平洋側、環境:山地の湿地や林縁に自生、生活型:落葉低木、樹高:100〜150 cm、葉色:緑(表)、緑を帯びた白(裏)、秋には紅葉、開花期:5月〜7月、花長:1.2 cm、花色:ピンクで花茎近くは淡色、花形:釣鐘状・壷状で先端が5浅裂し反り返る、花の付きかた:数個が束生し下向きに付く、萼:目立たない。


  • ツツジ
  • ツツジ
  • ヨウラクツツジ
  • ウラジロヨウラク
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    鐘形
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉低木
  • 花の色桃 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 150.0 cm
  • 花径1.2 ~ 1.2 cm

ランダムな花