ランブータン

Nephelium lappaceum

  • ランブータン
  • ランブータン
  • 花名
    ランブータン
  • 学名
    Nephelium lappaceum
  • 別名
  • 原産地東南アジア
  • 開花場所亜熱帯地域
  • 開花期4月, 5月, 6月, 7月, 8月, 9月, 10月, 11月

ランブータンとは

ランブータン (Rambutan、学名:Nephelium lappaceum) は、東南アジア原産で、ムクロジ科ランブータン属の熱帯常緑樹・果樹です。高木になりますが、収穫の都合で樹高を低く抑えています。花は現地では4月~5月と9月~10月の2回咲きます。花は無花弁です。7月~8月と12月~1月に赤い卵形の果実を収穫します。果実名は果実に毛(マレー語でrambut)が生えている+anモノという意味です。赤い皮に包まれた白いゼリー状の仮種皮を食用とします。仮種皮は甘く、癖が無く食べやすいです。

一般名:ランブータン (Rambutan)、学名:Nephelium lappaceum)、又名:ネフェリウム・ラッパセウムNephelium lappaceum)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ムクロジ目ムクロジ科ランブータン属ランブータン種、樹高:3~15 m、葉形:卵形~長楕円形、葉質:皮質、葉序:互生、花序形:円錐花序、花弁:無、花冠色:黄緑色、花径:0.25~0.5 cm、花序形:円錐花序、果実長:3~5 cm、果実形:円形~長円形、用途:果実を食用に、種子は食用油、根葉・樹皮は医薬品・染料。


  • ムクロジ
  • ムクロジ
  • ランブータン
  • ランブータン
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    円錐/複総状花序
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型熱帯常緑樹・果樹
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ300.0 ~ 800.0 cm
  • 花径0.25 ~ 0.5 cm

ランダムな花