キンモクセイ

Osmanthus fragrans var. aurantiacus

  • キンモクセイ
  • キンモクセイ
  • キンモクセイ
  • キンモクセイ
  • キンモクセイ
  • キンモクセイ
  • キンモクセイ
  • キンモクセイ
  • キンモクセイ
  • キンモクセイ
  • キンモクセイ
  • キンモクセイ
  • キンモクセイ
  • キンモクセイ
  • キンモクセイ
  • キンモクセイ
  • キンモクセイ
  • キンモクセイ
  • キンモクセイ
  • キンモクセイ
  • キンモクセイ
  • キンモクセイ
  • キンモクセイ
  • キンモクセイ
  • 花名
    キンモクセイ
  • 学名
    Osmanthus fragrans var. aurantiacus
  • 別名ケイカ, 桂花, 丹桂, Fragrant olive, 金木犀
  • 原産地中国南部
  • 開花場所庭, 公園
  • 開花期9月, 10月
  • 花言葉謙虚

キンモクセイとは

日本で、芳香の良い3花と言えば、春の ジンチョウゲ(沈丁花、学名:Daphne odora)、夏の クチナシ(梔子、学名:Gardenia jasminoides)、秋の キンモクセイ(金木犀、学名:Osmanthus fragrans var. aurantiacus)です。

キンモクセイ(金木犀、学名:Osmanthus fragrans var. aurantiacus)は、中国原産で、モクセイ科モクセイ属の常緑小高木です。葉は緑色で船形、肉厚、皮質です。秋に、葉腋から伸びた総状花序に芳香の強い黄橙色の小さな花冠をたくさん付けます。花冠は鐘形で先端が4裂します。雄花には2本の雄蕊があります。花はポプリや桂花酒を作るのに使われます。

一般名:キンモクセイ(金木犀)、学名:Osmanthus fragrans var. aurantiacus(オスマンサス・フラグランス)、別名:ケイカ(桂花)、タンケイ(丹桂)、モクセイカ(木犀花)、Fragrant olive、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目モクセイ科モクセイ属キンモクセイ種キンモクセイ変種、 原産地:中国、樹高:3〜4m、樹皮:灰褐色、幹は良く分枝し密に葉を付ける、 単葉、葉長:5〜9cm、葉幅:2~4cm、葉序:対生、葉形:長楕円形/披針形、葉質:皮質で光沢有、葉柄:有、葉縁:わずかに波打つ全縁、雌雄異株、合弁花、花序形:束生/総状花序、花柄:有、花冠:鐘形/筒型の先端が4深裂、花径:0.5cm、花色:橙、雄蕊数:2、果実型:核果、果実形:楕円形、種子数:1、日本には雄株しかないので結実せず、 用途:庭木、花は桂花茶や桂花陳酒に。


  • シソ
  • モクセイ
  • モクセイ
  • キンモクセイ種キンモクセイ変種
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    鐘形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑広葉小高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ300.0 ~ 400.0 cm
  • 花径0.5 ~ 0.5 cm

ランダムな花