モンツキヒナゲシ

Papaver commutatum

  • モンツキヒナゲシ
  • モンツキヒナゲシ
  • モンツキヒナゲシ
  • モンツキヒナゲシ
  • モンツキヒナゲシ
  • モンツキヒナゲシ
  • 花名
    モンツキヒナゲシ
  • 学名
    Papaver commutatum
  • 別名レディバード・ポピー, Ladybird Poppy, Flanders poppy, Pierrot, ピエロ, ケシ, 紋付雛罌粟, 雛罌粟
  • 原産地コーカサス、小アジア原種の園芸品種
  • 開花場所庭, 植物園, 公園
  • 開花期4月, 5月, 6月
  • 花言葉感謝

モンツキヒナゲシとは

モンツキヒナゲシ(紋付雛罌粟、学名:Papaver commutatum)は、コーカサス~小アジア原産の園芸品種で、ケシ科ケシ属の一年草です。春に、深紅色の花弁で基底部に黒斑を持つ一重の花を咲かせます。花柄がピエロの顔を髣髴させことからピエロ(Pierrot)とも呼ばれます。2枚の萼片は開花と同時に落下します。花後に蒴果が出来、上部に窓状の穴が開いて微細な種子が零れます。草本に傷をつけると白い乳液を分泌します。

一般名:モンツキヒナゲシ(紋付雛罌粟) 、学名:Papaver commutatum(ペパベール・コンムタツム、パパウェル・コンムタツム)、分類名:植物界被子植物門真正双子葉類キンポウゲ目ケシ科ケシ属 、別名:Papaver commutatum、レディバード・ポピー(Ladybird Poppy)、フランダース・ポピー(Flanders poppy)、園芸名:ポピー・ピエロ、ピエロ(Pierrot)、原産地:コーカサス、小アジア原産の園芸品種、生活型:一年草、草丈:40~70cm、葉色:緑色地で小さな黒斑、葉形:羽状深裂、葉序:互生、放射相称花、萼片:2枚、花弁数:4枚、花径:6~7 cm、花色:赤い花弁の基底部に黒斑、開花期:4月~6月、柱頭:放射状 、果実型:蒴果、果実形:腎臓形、果実色:茶色、果実径:0.07 cm、備考:虫媒花、用途:観賞用。


  • キンポウゲ
  • ケシ
  • ケシ
  • モンツキヒナゲシ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    4弁花
  • 葉形
    羽状形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型一年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ40.0 ~ 50.0 cm
  • 花径6.0 ~ 7.0 cm

ランダムな花