オオハンゲ

Pinellia tripartita

鳥名

  • オオハンゲ
  • オオハンゲ
  • オオハンゲ
  • オオハンゲ
  • 花名
    オオハンゲ
  • 学名
    Pinellia tripartita
  • 別名
  • 原産地日本
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期7月

オオハンゲとは

オオハンゲ(大半夏、学名:Pinellia tripartita)は、日本原産でサトイモ科ハンゲ属の多年草です。 夏に花茎先端から伸びた肉穂花序に小花を密集させ、その周囲をラッパ状の仏炎苞が取り巻きます。 花序の上方には雄花が、下方に雌花が付きます。仏炎苞の先に付く付属体は細長く鮮緑色のつり竿状をしています。 葉はミツバのように掌状に3深裂しますが、ミツバは小葉が3枚集まっているのに対し、オオハンゲは葉が中央で合着した単葉です。 ハンゲ属には、他に、ハンゲ(半夏、カラスビシャク)があります。 オオハンゲは大型で、葉柄にムカゴは付けず、葉は1枚が3深裂します。 ハンゲは小型で、葉柄にムカゴを付け、葉は3枚の小葉から成ります。 つり竿を持つところが、同科異属(サトイモ科テンナンショウ属)のウラシマソウ(浦島草)と似ています。 異科異属に、ハンゲという名を持つドクダミ科ハンゲショウ属のハンゲショウ(半夏生、学名:Saururus chinensis)があります。

一般名:オオハンゲ(大半夏)、学名:Pinellia tripartita、分類名:植物界被子植物単子葉類オモダカ目サトイモ科ハンゲ属、原産地:本州〜九州、琉球諸島の日本、環境:暖地の山地の樹下、湿地、単葉で掌状に3深裂、葉柄長:30cm、葉色:緑、花茎長:20〜50cm、花被:無、雄花:雄蕊2本、雌花:雌蕊1本、花色:白、開花期:7月、地下にある球径:3cm、果実型:液果、種子数:1。


  • オモダカ
  • サトイモ
  • ハンゲ
  • オオハンゲ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    肉穂花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    掌形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ20.0 ~ 50.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花