マツバボタン

Portulaca grandiflora

  • マツバボタン
  • マツバボタン
  • マツバボタン
  • マツバボタン
  • マツバボタン
  • マツバボタン
  • マツバボタン
  • マツバボタン
  • 花名
    マツバボタン
  • 学名
    Portulaca grandiflora
  • 別名松葉牡丹, ヒデリソウ, ツメキリソウ, common porturacarose moss
  • 原産地南米
  • 開花場所
  • 開花期6月, 7月, 8月, 9月
  • 花言葉「可憐」、「無邪気」

マツバボタンとは

マツバボタン(松葉牡丹、学名:Portulaca grandiflora)は、南米原産で、スベリヒユ科スベリヒユ属の非耐寒性一年草です。ハナスベリヒユの仲間です。別名で、ヒデリソウ(日照草)や、ツメキリソウ(爪切草)、common porturacarose mossとも呼ばれます。草丈10~20cmほどの背が低い植物です。葉は多肉質でマツ(松)の葉に似ています。夏に、花径3~6cmで、花色が桃や、赤、黄、白、橙色の、小さなボタン(牡丹)に似た花を咲かせます。松葉牡丹は、ポーチュラカ(別名:ハナスベリヒユ)と似ていますが、葉が異なります。
また、マツバギク(松葉菊)とも似ていますが、松葉菊の花は、花が菊に似ているので見分けられます。

一般名:マツバボタン(松葉牡丹)、学名:Portulaca grandiflora 、別名:ヒデリソウ(日照草)、ツメキリソウ(爪切草)、common porturacarose moss、分類名:スベリヒユ科スベリヒユ属(ポーチュラカ属) 、原産地:南米、草丈:10~20cm、花期:6月~9月、花色:桃・赤・黄・白・橙、花径:3~6cm。


  • ナデシコ
  • スベリヒユ
  • スベリヒユ
  • マツバボタン
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    多弁形
  • 葉形
    線形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型非耐寒性一年草
  • 花の色薄黄 白 桃
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 20.0 cm
  • 花径3.0 ~ 6.0 cm

ランダムな花