サラセニア・レウコフィラ

Sarracenia leucophylla

食虫植物

  • サラセニア・レウコフィラ
  • サラセニア・レウコフィラ
  • サラセニア・レウコフィラ
  • サラセニア・レウコフィラ
  • サラセニア・レウコフィラ
  • サラセニア・レウコフィラ
  • サラセニア・レウコフィラ
  • サラセニア・レウコフィラ
  • サラセニア・レウコフィラ
  • サラセニア・レウコフィラ
  • サラセニア・レウコフィラ
  • サラセニア・レウコフィラ
  • 花名
    サラセニア・レウコフィラ
  • 学名
    Sarracenia leucophylla
  • 別名サラセニア, Sarracenia leucophylla, crimson pitcherplant, アミメヘイシソウ, 網目瓶子草
  • 原産地北米のメキシコ湾沿岸
  • 開花場所湿地, 温室
  • 開花期3月, 4月, 5月

サラセニア・レウコフィラとは

サラセニア・レウコフィラ(学名:Sarracenia leucophylla)は、北米のメキシコ湾沿岸原産で、サラセニア科サラセニア属は食虫、多年草です。葉は先端が広がる筒状で70 cm程に直立し、上部と蓋になる部分の葉には紅白の網目模様があります。それが、和名のアミメヘイシソウ(網目瓶子草)と呼ばれる由来です。葉が出る前に花茎を伸ばし、春に花茎先端に臙脂色の複雑な形状の花を咲かせます。花の構造は、外側から順に、5枚の萼片、5枚の舌状をした花弁、傘状の蕊から構成されます。蕊の中には子房とそれを取りまくように雄蕊が並んでいます。訪花昆虫が傘の中を通ることに拠り、花粉が虫に付着し、柱頭に着いて受粉されます。秋に、筒状の葉を伸ばし上部が鮮やか模様の捕虫葉を展開します。蓋裏から芳香と甘い蜜を出してハエを誘き寄せ、筒中に落下する虫を溶かして栄養としています。

共同名:アミメヘイシソウ(網目へいし草)、学名:Sarracenia leucophylla、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目サラセニア科サラセニア属アミメヘイシソウ種、又名:サラセニア・レウコフィラ(Sarracenia leucophylla)、原産地:北米、茎長:40-70 cm、稀に100 cm、葉縁:波打、開花期:3月~5月、花径:4-7 cm。


  • ツツジ
  • サラセニア
  • サラセニア
  • アミメヘイシソウ
  • 花のタイプ
    その他
  • 花序
    その他
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    円筒形
  • 葉縁
    波状
  • 生活型食虫植物、観葉植物、多年草
  • 花の色紫 赤
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ40.0 ~ 100.0 cm
  • 花径4.0 ~ 7.0 cm

ランダムな花