クマザサ

Sasa veitchii

  • クマザサ
  • クマザサ
  • 花名
    クマザサ
  • 学名
    Sasa veitchii
  • 別名ヘリトリザサ, 隈笹, 縁取笹, 野麦
  • 原産地日本(京都)
  • 開花場所低山
  • 開花期

クマザサとは

クマザサ(隈笹、学名:Sasa veitchii)は、京都原産で、イネ科ササ属クマザサ種の多年草です。日本の山林に自生します。和名は、緑色の葉の縁が、秋〜冬になると、白く隈取されることに因みます。民間療法では葉に防腐・殺菌作用があり各種ビタミンが豊富に含まれて薬効のある植物とされます。

一般名:クマザサ(隈笹)、学名:Sasa veitchii、分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱イネ目イネ科ササ属クマザサ種、別名:ヘリトリザサ(縁取笹)、原産地:日本(京都)、草丈:50〜100 cm、葉身:15〜25 cm、葉形:長楕円形、葉色:緑で、秋冬に縁が白くなる、葉序:互生、花色:緑がかった紫色→茶色、花序形:円錐花序、花柱:3、雄蕊数:6、開花期:稀、果実:頴果、果実形:長楕円形。


  • イネ
  • イネ
  • ササ
  • クマザサ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    円錐/複総状花序
  • 花冠
    小穂
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型多年生の群生する竹
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 100.0 cm
  • 花径0.4 ~ 0.6 cm

ランダムな花