タマサンゴ

Solanum pseudocapsicum

  • タマサンゴ
  • タマサンゴ
  • タマサンゴ
  • タマサンゴ
  • タマサンゴ
  • タマサンゴ
  • 花名
    タマサンゴ
  • 学名
    Solanum pseudocapsicum
  • 別名フユサンゴ, 玉珊瑚, 冬珊瑚, リュウノタマ, 龍の珠, 珊瑚豆, 紅珊瑚, Jerusalem cherry, エルサレム・チェリー , Madeira winter cherry
  • 原産地ブラジルなどの南米
  • 開花場所庭, 盆栽, 鉢花
  • 開花期5月, 6月, 7月, 8月, 9月

タマサンゴとは

タマサンゴ(玉珊瑚、Solanum pseudocapsicum)は、ナスナス属の非耐寒性常緑低木です。夏に白い小花を咲かせ、花後に成る小さな赤い球形の果実が ホオズキ(鬼灯) や、ミニトマト(Mini Tomato)'と似ています。
葉はよく分枝して、互生して付きます。夏に開花し結実することが多いので、「冬珊瑚」と聞くと違和感がありますが、主に寒くなると色づきが良くなることや、冬でも果実が成ることからネーミングされました。

一般名:タマサンゴ(玉珊瑚)、
学名:Solanum pseudocapsicum、Solanum pseudo-capsicum、
別名:フユサンゴ(冬珊瑚)、リュウノタマ(龍の珠)、エルサレム・チェリー(Jerusalem cherry)、珊瑚豆,紅珊瑚、Madeira winter cherry、分類名:ナス目ナス科ナス属タマサンゴ種、原産地:ブラジルなどの南米、生活型:非耐寒性常緑低木、草丈:20~50cm、葉色:緑、葉形:長楕円形、葉序:互生、葉縁:全縁/鋸歯、花序:単項/束生、花色:白、花形:車形/鐘形、花径:1~1.5cm、花の咲き方:1~4個、雄蕊数:5、開花期:5月~9月、ほぼ一年中(出盛期:8月~9月)、結実期:9月~12月、果実色:緑・黄・橙・赤、果実径:1.5~2cm


  • ナス
  • ナス
  • ナス
  • タマサンゴ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    車形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型非耐寒性常緑低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ20.0 ~ 50.0 cm
  • 花径1.0 ~ 1.5 cm

ランダムな花