ジャガイモ

Solanum tuberosum l.

ポテトチップの材料

  • ジャガイモ
  • ジャガイモ
  • ジャガイモ
  • ジャガイモ
  • ジャガイモ
  • ジャガイモ
  • ジャガイモ
  • ジャガイモ
  • ジャガイモ
  • ジャガイモ
  • ジャガイモ
  • ジャガイモ
  • 花名
    ジャガイモ
  • 学名
    Solanum tuberosum l.
  • 別名ポテト, じゃが芋, Potato, 馬鈴薯
  • 原産地南米アンデス山脈
  • 開花場所
  • 開花期6月

ジャガイモとは

ジャガイモ(じゃが芋、学名:Solanum tuberosum)は、アンデス山脈原産で、ナス科ナス属の一年性野菜です。葉腋から出た花茎先端から集散花序を伸ばし数個から10個の花を咲かせます。花は五弁が合着した合弁花で、中央外側に黄色い5個の雄蕊があり、その中から黄緑色の雌蕊の柱頭が1個飛び出します。雌蕊には5室があります。花色は、男爵芋は白、メークインは紫や赤などのように品種により異なります。私達が食べる部分は地下茎(塊茎)が肥大したものです。世界中で毎日食べられていますが、野菜・芋類としては珍しく、一部(芽)に毒(ソラニン)があるので、自炊初心者には危険です。芽を取れば良いだけなので、魚で言えばフグ(河豚)のようなものかもしれません。痩せた寒冷地で、二期作栽培も可能、収穫後の長期保存にも耐えるので、 米や小麦、玉蜀黍等と共に主食の一角を担っています。

■データ
ジャガイモの誘電率と誘電損率:誘電率 61.808、誘電損率 18.241(温度:30℃、周波数:2450MHz)
ジャガイモの花式(floral formula):☆K(5)C(5)A5Cp(5)、
ここで:☆:放射総称、K:萼片(独kelch)、C:花冠(英corolla)、A:雄蕊(英androeceum)、Cp:雌蕊

一般名:ジャガイモ(じゃが芋)、学名:Solanum tuberosum L.、別名:ポテト(Potato)、バレイショ(馬鈴薯)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナス目ナス科ナス属ナス属ジャガイモ種、原産地:南米アンデス山脈、生活型:一年草、茎長:50-100cm、葉形:単葉→奇数羽状複葉(pinnate compound leaf)、葉序:互生、若葉:就眠運動を行う、両性花、放射対称、花序:集散花序(cymose inflorescens)、花色:白・薄紫・黄、萼(sepal):5、花弁(petal):5、合弁花冠(sympetalous corolla)、花形:星形、花冠:五弁花、5浅裂、花冠長:2~3 cm、雄蘂(stamen):黄色で5個、葯(anther):2、雌蘂(pistil):薄黄緑色1つで5室、開花期:6月、果実径:1~2 cm、果実色:肌色~薄褐色、収穫期:5月~6月(新じゃが)、11月~2月(冬物)、用途:塊茎は食用となる(芋料理)・片栗粉、料理:コロッケや、カレーなどの煮込み料理、肉じゃが、ポテトスープ、ジャガバタ、ジャーマンポテト、ポテトサラダ、粉吹き芋、ベークドポテト、シャキシャキサラダ、フライドポテト、ポテトチップ等。


  • ナス
  • ナス
  • ナス
  • ジャガイモ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    奇数羽状複葉
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型一年性野菜
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 100.0 cm
  • 花径2.0 ~ 3.0 cm

ランダムな花