ヒメシャラ

Stewartia monadelpha

  • ヒメシャラ
  • ヒメシャラ
  • 花名
    ヒメシャラ
  • 学名
    Stewartia monadelpha
  • 別名Stewartia monadelpha, 姫沙羅, Himeshara
  • 原産地日本
  • 開花場所低山
  • 開花期7月, 8月

ヒメシャラとは

ヒメシャラ(姫沙羅、学名:Stewartia monadelpha)は日本原産で、ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木です。本州南部、四国、九州の山地に自生します。成木はサルスベリ(百日紅、学名:Lagerstroemia indica)のように樹皮がはがれて赤褐色ですべすべしています。夏に、ナツツバキ(夏椿、学名:Stewartia pseudocamellia)に似て、それより小さな白花を咲かせます。

一般名:ヒメシャラ(姫沙羅)、学名:Stewartia monadelpha、原産地:日本、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツバキ科ナツツバキ属ヒメシャラ種、生活型:落葉高木、樹高:10~15 m、葉色:黄緑→紅葉(秋)、葉縁:鋸歯、葉身形:長楕円形、開花期:7~8月、花色:白:花の出る場所:葉腋、結実:10月‐11月、果実色:褐色。


  • ツツジ
  • ツバキ
  • ナツツバキ
  • ヒメシャラ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    バラ形
  • 葉形
    矢じり形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ1000.0 ~ 1500.0 cm
  • 花径2.0 ~ 2.5 cm

ランダムな花