ナツツバキ

Stewartia pseudocamellia

  • ナツツバキ
  • ナツツバキ
  • ナツツバキ
  • ナツツバキ
  • ナツツバキ
  • ナツツバキ
  • ナツツバキ
  • ナツツバキ
  • ナツツバキ
  • ナツツバキ
  • 花名
    ナツツバキ
  • 学名
    Stewartia pseudocamellia
  • 別名シャラノキ, Japanese stuartia, 夏椿, 沙羅木
  • 原産地日本、朝鮮半島
  • 開花場所庭, 公園, 街路、植栽
  • 開花期6月, 7月

ナツツバキとは

ナツツバキ(夏椿、学名:Stewartia pseudocamellia)は日本~朝鮮半島原産で、ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木です。初夏に、枝から集散花序を伸ばし、ツバキ(椿)に似た白花を咲かせます。木材は、床柱や器具、炭に利用されます。ナツツバキは別名でシャラノキと呼ばれますが、ナツツバキを小さくしたような木にヒメシャラがあります。ナツツバキとヒメシャラは良く似ています。同じツバキ科で冬に咲く花に、ツバキ(椿)や、サザンカ(山茶花)、チャノキ(茶の木)があります。

一般名:ナツツバキ(夏椿)、学名:Stewartia pseudocamellia、別名:シャラノキ(沙羅木)、Japanese stuartia、分類名:植物界被子植物門真正双子葉類ツツジ目ツバキ科ナツツバキ属、生息分布:東北から九州の日本、環境:山地、原産地:日本~朝鮮半島、樹高:10〜15 m、葉:光沢無し、葉形:楕円形、葉身長:5〜10 cm、葉幅:2〜5 cm、鋸歯:全縁、葉柄:1〜5 cm(長い)、葉序:互生、葉裏:全体に長毛あり、放射相称、集散花序、花色:白、開花期:6〜7月、花径:5 cm、花弁数:5枚、花弁質:縁はギザギザで花弁に皺あり、花糸色:黄色、花の寿命:一日花で首から落花、果実型:蒴果。


  • ツツジ
  • ツバキ
  • ナツツバキ
  • ナツツバキ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    バラ形
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型落葉高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ1000.0 ~ 1500.0 cm
  • 花径5.0 ~ 7.0 cm

ランダムな花