カヤ

Torreya nucifera

  • カヤ
  • カヤ
  • 花名
    カヤ
  • 学名
    Torreya nucifera
  • 別名ホンガヤ, 榧, 本榧, Kaya, Japanese torreya, Japanese nutmeg-yew
  • 原産地日本、朝鮮半島
  • 開花場所
  • 開花期4月, 5月

カヤとは

カヤ(学名:Torreya nucifera)は日本等原産でイチイ科の常緑針葉高木です。本州東北以南~九州の日本、朝鮮半島の温帯域の山地に自生しています。樹皮色は灰褐色で縦に裂け目が入っています。株は雌雄異株で、春に、雄花は長楕円形の黄花を、雌花は無柄で枝先に密集させて中央に1個の胚珠をつけます。枝は対生に付きます。枝の両側には扁平の線状で鋭く堅い小葉が並列してつきます。花後に楕円形の種子が成り、秋に赤紫色に熟し、翌年秋に皮が裂けて淡褐色の堅い種子を落下させます。果実はアクを抜けば食用となります。材質は淡黄色で緻密で碁盤や彫刻用材に用いられます。

一般名:カヤ(榧)、学名:Torreya nucifera(トリア)、別名:ホンガヤ(本榧)、Kaya、torreya、Japanese torreya、Japanese nutmeg-yew、分類名:植物界裸子植物マツ網マツ目イチイ科カヤ属カヤ種、生息分布:本州東北以南、四国、九州の日本、朝鮮半島、環境:温帯域の山地、生活型:常緑針葉高木、 樹高:20〜25m、樹皮色:灰褐色で縦に裂け目、枝色:茶色、材質:淡黄色で緻密、雌雄異株 葉序:対生、葉形:扁平の線状で鋭く堅い、葉身長:2cm、葉幅:0.2cm、開花期:4月〜5月、雄花:楕円形の黄色い花、 雄花長:1cm、雌花:枝先に密集し中央に1個の胚珠があり無柄、結実期:10月(赤紫色に熟し翌年秋に皮が裂けて淡褐色の堅い種子が落下する)、種子長:2〜3cm、種子径:1〜2cm、種子形:楕円形、用途:木材−庭木、社寺林、碁盤、彫刻用材、工芸品、果実はカヤのみで食用となる。


  • マツ
  • イチイ
  • カヤ
  • カヤ
  • 花のタイプ
    その他
  • 花序
    その他
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
    線形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑針葉高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ2000.0 ~ 2500.0 cm
  • 花径1.0 ~ 1.0 cm

ランダムな花