サフランモドキ

Zephyranthes carinata

  • サフランモドキ
  • サフランモドキ
  • サフランモドキ
  • サフランモドキ
  • 花名
    サフランモドキ
  • 学名
    Zephyranthes carinata
  • 別名ゼフィランサス, ゼフィランサス・カリナータ, rosepink zephyr lily, pink rain lily, Zephyranthes carinata
  • 原産地中米・西インド諸島
  • 開花場所
  • 開花期7月, 8月, 9月

サフランモドキとは

サフランモドキ(学名:Zephyranthes carinata)は、中米・西インド諸島原産で、ヒガンバナ科タマスダレ属の小形の球根植物です。以前の学名は Zephyranthes grandiflora でしたが、現在はシノニムとされました。 別名でゼフィランサスとも呼ばれます。
サフランと似ているのが花名の由来です。雨後に一斉に花が咲くことから、英名では、レインリリー(Rain lily)とも呼ばれます。 夏から秋に、桃色の6弁花(まれに8弁花)を咲かせます。サフランモドキ=ゼフィランサス(Z. carinata)は、ハブランサス(Habranthus)と似ています。
両者の違いは、サフランモドキ=ゼフィランサス(Z. carinata)は花色が濃く、花弁は平開気味で重なりが少ないことと、黄色い雄蕊の葯が花弁から突き出る、雌蕊の先端は真っ直ぐ伸びて花弁から突き出ます。
一方、ハブランサスは花色は薄く、花弁は半開程で全開はせず、雄蕊の葯は花弁から突き出ない、雌蕊の先端は上向きに曲がり花弁から大きく突き出ません。
タマスダレ属の他の仲間には、白花を咲かせるタマスダレ(玉簾、学名:Zephyranthus candida、ゼフィランサス・カンディダ)があります。 いずれも、鉢植えやグランドカバーに使われます。

一般名:サフランモドキ、学名:Zephyranthes carinata(ゼフィランサス・カリナータ)、シノニム:Zephyranthus grandiflora(ゼフィランサス・グランディフローラ)、別名:rosepink zephyr lily、 pink rain lily、レインリリー(Rain lily)、分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱ユリ目ヒガンバナ科タマスダレ属(ゼフィランサス属)、原産地:中米・西インド諸島、草丈:30cm、開花期:7月~9月、花色:桃、花径:7~8cm。


  • キジカクシ
  • ヒガンバナ
  • タマスダレ
  • サフランモドキ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    線形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型耐寒性常緑多年草(球根植物)
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ15.0 ~ 30.0 cm
  • 花径3.0 ~ 5.0 cm

ランダムな花