頑張ったね!って言って欲しい?万葉集草木シリーズ31.セリ

セリ(芹、学名:Oenanthe javanica )とは、日本原産でセリ科セリ属の湿地性多年草です。開花は夏ですが、春の若い茎葉を野菜とするので春の七草の一つとされます。セリは万葉集でも詠われています。


万葉集 第20巻 4455番歌

作者:橘諸兄(葛城王) 万葉名:芹

原文
安可祢左須 比流波多々婢弖 奴婆多麻乃 欲流乃伊刀末仁 都賣流芹子許礼

訓読
安可祢(あかね、茜)左須(さす、射す) 比流(昼)波(は)多々婢(田賜び)弖(て) 奴婆多麻(ぬばたま)乃(の) 欲流(夜)乃(の)伊刀末(いとま)仁(に) 都賣流(摘める)芹(芹)子許礼(これ)

かな
茜(あかね)指す(さす) 昼(ひる)は(田賜び=班田使として田を配分する仕事)(たたび)て 射干玉(ぬばたま)の 夜(よる)の


昼は班田使として田を配分する仕事をし 夜に時間を見つけて 摘んだつんだのだよ、この芹子(せり)は。

詳しくはこちら ... 以下本文に続く

■関連ページ
頑張ったね!って言って欲しい?万葉集草木シリーズ31.セリ かぎけん花図鑑 花日記2023年1月17日
特集 万葉集でよまれた草木

  • セリ
  • セリ
  • セリ
  • セリ
  • セリ
  • セリ
  • セリ
  • セリ
  • セリ
  • セリ
  • セリ
  • セリ
  • セリ
  • セリ

他の記事