かぎけん花図鑑

レモン

基本情報
花名
レモン
英名
Lemon
学名
Citrus limon
別名
枸櫞, クエン, 檸檬, Lemon, Lemon blossom, Citrus limon
原産地
インド北東部のヒマラヤ山系
生活型
常緑低木、果樹
コメント
レモン(檸檬、Lemon、学名:Citrus limon)は、ヒマラヤ原産でミカン科ミカン属の常緑低木です。四季咲きで、総状花序を伸ばし芳香のある白い五弁花を多数付けます。枝に棘のある品種と無い品種があります。花後に成る紡錘形の果実が利用されます。果実は緑色の時に収穫され、追熟で黄色にさせます。代表品種にリスボンやユーレカがあります。国内では広島や愛媛、和歌山などで生産され、農薬控えめでノーワックス、ノー防腐剤のものが生産されており安全です、しかし、国内産のものは価格が外国産と比べると3倍ほど高いです。果肉は多汁で絞った果汁は酸味が強くビタミンCやクエン酸、ポリフェノール、リモネンが含まれます。
用途は果肉を絞ってジュースやレモンスカッシュ、レモンハイ等の飲料、レモンケーキ、アップルパイ(の酸味付けに)、輪切り等にしてて魚介類に添えて生臭さの緩和、レモンティ、皮はレモンピールに使われます。繁殖は挿し木や接木で行います。
レモンの果実の花言葉は、「情熱」。酸味の強さに由来します。
俗語で使われる場合は、「欠陥品」や、「欠陥車」、「可愛くない」の暗喩で、モモ(桃)が「可愛い」のに対し散々な言われ方ですね。
実際に、食べたり飲んだりするとレモンは酸っぱいですし、レモンの俗語には、「辛い」や、「可愛くない」、「欠陥品」という散々な意味を秘めています。
アメリカの格言に、「When life gives you lemons, just make lemonade.」(人生が辛いレモンなら、レモネードを作ればいい)があります。これは実話で、小児がんにかかった少女が、自宅前にレモネードスタンドを開き、同病に苦しむ子供たちのためにお金を集める運動を起こした時の標語でした。どんな人でも、常に、人生順風満帆ではないので、落ち込んだ時などに、自分を鼓舞するための良い言葉だと思います。
葉の形がレモンに似ている植物に「レモンリーフ」(Lemon leaf)があります。
一般名:レモン(檸檬、Lemon) 、学名:Citrus limon、別名:Lemon blossom、Citrus limon、枸櫞(クエン)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ亜綱ムクロジ目ミカン科ミカン属レモン種、原産地:インド北東部ヒマラヤ山系、生産地:アメリカ、チリ、日本では広島や愛媛、和歌山、樹高:2〜7 m、葉形:卵状楕円形〜披針形、放射相称花、花色:白、開花期:一年中(特に、5月~10月)、果実色:緑→黄、果実形:紡錘形、繁殖方法:挿し木、接木。
詳細情報
ムクロジ
ミカン
ミカン
レモン
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
披針形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
温室 果樹園 庭
開花時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
高さ
150  ~ 250  [cm]
花径
3  ~ 3