シマトウガラシ

  • シマトウガラシ_img_0
    シマトウガラシ @ プラザ元加賀
  • シマトウガラシ_img_1
    シマトウガラシ @ かぎけん

基本情報

花名
シマトウガラシ
英名
Shima pepper
学名
Capsicum frutescens
別名
コーレーグス, 島唐辛子, 高麗薬, Shima pepper
原産地
沖縄(島唐辛子)、アマゾン川流域の熱帯アメリカ(唐辛子)
生活型
一年草の野菜

コメント

シマトウガラシとは

シマトウガラシ(島唐辛子、学名:Capsicum frutescens )は、沖縄原産でナス科トウガラシ属の一年草の野菜です。 果実に辛味があります。日本で唐辛子と言えばタカノツメ(鷹の爪)のことですが、他にも、シシトウ(獅子唐)や、ピ−マン(piment)なども、学名で Capsicum annuum L.)に分類されます。 このシマトウガラシや、タバスコ、プリックキーヌー、キダチトウガラシは、学名で Capsicum frutescens に分類されます。果実は唐辛子より小さいですが、唐辛子より辛味が強いです。 秋に白花を咲かせます。果実は、成熟するにつれ、緑→黄→橙→赤と色が変化します。乾燥させたシマトウガラシを泡盛に漬けこんだものにコーレーグス(高麗薬)という薬味のある調味料があります。沖縄そばなどにかけて食べます。タバスコの代用として、シマトウガラシをオリーブオイルに漬け込んでスパゲッティに使うタバスコのスパイスにも使います。

一般名:シマトウガラシ(島唐辛子)、学名:Capsicum frutescens 、別名:Shima pepper、コーレーグス(高麗薬)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナス目ナス科トウガラシ属、原産地:沖縄、草丈:100〜200cm、開花期:9月、花色:白、果実色:緑→黄→橙→赤、収穫期:月〜月、旬:月、果実長:3〜5cm、果実形:長楕円形。

詳細情報

ナス
ナス
トウガラシ
シマトウガラシ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
開花時期
9月
高さ
100 ~ 200 [cm]
花径
1 ~ 1.5

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
サンタンカ_img
オウコチョウ_img
キバナヨウラク_img

ランダムな花

レブンコザクラ_img
ツバキ ヒゴモミジガリ_img
キンミズヒキ_img
ノコンギク_img
イボタノキ_img
ツメレンゲ_img
ランタナ・カマラ_img
アズマイチゲ_img
チオノドクサ_img
ワタ_img
チダケサシ_img
キバナノオオゴチョウ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved