サラソウジュ

ミャンマーの国花

  • サラソウジュ_img_0
    サラソウジュ @ 不明

基本情報

花名
サラソウジュ
英名
Shorea robusta
学名
Shorea robusta
別名
サラノキ, 沙羅双樹
原産地
インド 
生活型
落葉高木

コメント

サラソウジュとは

サラソウジュ(沙羅双樹、学名:Shorea robusta)は、インド原産でフタバガキ科コディアエウム属の高木です。春に、円錐花序を伸ばし薄黄色の小花を咲かせます。仏教の3聖木の一つとされ、釈迦がこの木の下で入滅したと伝えられます。ちなみに、仏教の3大聖木とは、ムユウジュ(無憂樹、別名:アソカノキ、学名:Saraca indica L.、分類名:マメ目マメ科)インドボダイジュ(印度菩提樹、学名:Ficus religiosa、クワ科イチジク属)、サラソウジュ(沙羅双樹、学名:Shorea robusta、フタバガキ科コディアエウム属)、をさします。ムユウジュは、釈迦がその木の下で産まれたと伝えられます。インドボダイジュは、釈迦がその木の下で悟りを開いたと伝えられます。

一般名:サラソウジュ(沙羅双樹)、学名:Shorea robusta、国花:ミャンマー、別名:サラノキ、シャラノキ、サル(Sal)、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱アオイ目フタバガキ科コディアエウム(ショレア)属、原産地:インド、生活型:高木、樹高:30-35m、葉形:長卵形~長円形、葉序:互生、葉質:皮質、葉縁:全縁、花序:円錐花序、花色:白~薄黄色、花形:星型、芳香:花に芳香有、雄蕊:多数、子房:3室、花径:1.5~3cm、開花期:4月、果実型:堅果、用途:家具材、建材、薬用、香料、寺院植木。

詳細情報

アオイ
フタバガキ
サラソウジュ
サラソウジュ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
温室海外墓地・寺院(亜)熱帯地域
クリーム, 白
開花時期
4月
高さ
3000 ~ 3500 [cm]
花径
1.5 ~ 3

アクセスランキング(日別)

サイコトリア・ペピギアナ_img
オウコチョウ_img
サルビア・ミクロフィラ 'ホットリップス'_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

イワツメクサ_img
エゾゴゼンタチバナ_img
シャクナゲ_img
ギンリョウソウ_img
カルミア・オスボレッド_img
タカネゴヨウ_img
ヤクシソウ_img
日本桜草 '妙知力'_img
アルパイン スカビオサ_img
キンヒモ_img
トキソウ_img
ハエトリグサ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved