コガタシロアミメグサ

  • コガタシロアミメグサ_img_0
    コガタシロアミメグサ @ 新宿御苑温室

基本情報

花名
コガタシロアミメグサ
英名
Fittonia albivenis 'Compacta'
学名
Fittonia verschaffeltii var. argyroneura 'compacta'
別名
小形白網目草, フィットニア, Fittonia albivenis 'Compacta'
原産地
ペルーやコロンビアなど南米アマゾン川流域、園芸品種
生活型
這性常緑多年草の矮小種

コメント

コガタシロアミメグサとは

シロアミメグサ(学名:Fittoniaverschaffeltii var. argyroneura)はペルーやコロンビアなど南米アマゾン川流域原産で草丈15cm程になるキツネノマゴ科フィットニア属の這性常緑多年草です。コガタシロアミメグサ小形白網目草、学名:Fittonia verschaffeltii var. argyroneura 'Compacta') はアミメグサの矮小種の園芸品種で葉色は緑色地でくっきりした銀白色の葉脈が美しく入ります。カーペット状に広がるので主に、観葉植物や、鉢植え、グランドカバーとして用いられます。目立ちませんが、四角柱状の花穂に薄黄色の小さな花を咲かせます。属名は英国の生物学者フィットン氏へ献上されたものです。

一般名:コガタシロアミメグサ小形白網目草) 、
学名:Fittonia albivenis 'Compacta'
異名:Fittonia verschaffeltii var. argyroneura 'Compacta'(フィットニア・フェルシャフェルティ アルギロウネラ`コンパクタ`)、
分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目キツネノマゴフィットニア属、
原産地:ペルーやコロンビアなど南米アマゾン川流域、環境:熱帯雨林、生息分布:園芸品種、
生活型:這性常緑多年草、草丈:10cm、
葉形:長楕円形、葉色:緑色地に銀白色の葉脈、葉長:3~4cm、
花色:薄黄、花序形:四角柱状の花穂、花径:、
用途:観葉植物、鉢植え、グランドカバー、

詳細情報

シソ
キツネノマゴ
フィットニア
コガタシロアミメグサ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
唇形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
温室
クリーム
開花時期
高さ
10 ~ 10 [cm]
花径
 ~

アクセスランキング(日別)

ボダイジュ_img
オウコチョウ_img
ハルシャギク_img
フランスギク_img

ランダムな花

エビネ 薩摩紅_img
メコノプシス・ホリドゥラ_img
デンドロビューム セニレ_img
マサキ_img
カーネーション 'ムーンダスト ライラックブルー'_img
コケジャコウソウ_img
ノビル_img
コマクサ_img
チューリップ・メントン_img
エアースィート_img
キサントステモン・オーランティアカス’レッド・アンド・イエロー’_img
サンゴミズキ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved