かぎけん花図鑑

ミヤマキンポウゲ

基本情報
花名
ミヤマキンポウゲ
英名
Ranunculus acris
学名
Ranunculus acris var. nipponicus
別名
深山金鳳花
原産地
北海道~中部以北の高山
生活型
高山性常緑小低木
コメント
ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花、学名:Ranunculus acris var. nipponicus)は、北海道~中部以北の高山の砂礫地に自生するキンポウゲ科キンポウゲ属の高山性多年草です。
一般名:ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)、 学名:Ranunculus acris var. nipponicus、分類名(APG III):植物界被子植物真正双子葉類キンポウゲ科キンポウゲ属ミヤマキンポウゲ種 、分布:北海道~中部以北の日本、環境:高山の砂礫地 、生活型:高山性常緑小低木、草丈:10~50cm 、葉質:皮質、根生葉:掌状、葉形:狭長楕円形、葉縁:鋸歯有、葉序:対生、花:離弁花 花色:白~薄紅色 花径:0.5cm、花冠:先端で5裂、開花期:6月~8月、花後になる果実:蒴果、備考:葉はライチョウの餌。
詳細情報
キンポウゲ
キンポウゲ
キンポウゲ
ミヤマキンポウゲ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
高山
開花時期
6月 7月 8月
高さ
10  ~ 50  [cm]
花径
1.5  ~ 2