ジュウガツザクラ

Cerasus subhirtella

  • ジュウガツザクラ
  • ジュウガツザクラ
  • ジュウガツザクラ
  • ジュウガツザクラ
  • 花名
    ジュウガツザクラ
  • 学名
    Cerasus subhirtella
  • 別名Cerasus subhirtella, 十月桜
  • 原産地園芸品種、日本
  • 開花場所庭, 植物園, 園芸品種
  • 開花期3月, 4月, 10月, 11月, 12月

ジュウガツザクラとは

ジュウガツザクラ(十月桜、学名:Cerasus subhirtella )は、バラ目バラ科サクラ属ジュウガツザクラ種の落葉小高木です。エドヒガン(江戸彼岸)とマメザクラの交雑の園芸品種です。春と冬に2季咲きします。萼筒は紅色でつぼ型をしています。花は、薄桃色または、白の八重で、花弁数は10~20枚ほどです。
春と、秋~冬の2季咲きの桜には、コブクザクラや、ジュウガツザクラシキザキ(四季咲)があります。また、冬~春に咲く桜にはフユザクラ(冬桜)があります。

一般名:ジュウガツザクラ(十月桜)、学名:Cerasus subhirtella、分類目:植物界被子植物門双子葉類バラ亜綱バラ目バラ科サクラ属ジュウガツザクラ種、別名:Cerasus subhirtella ‘Autumnalis’ 、原産地:園芸品種、樹高:3~7 m、葉序:互生、葉形:楕円形、萼筒:紅色でつぼ型、花色:薄紅色、開花期:秋~冬と、春の二季咲、花の咲き方:八重咲、花の大きさ:小輪、雄蕊:長い、果実型:核果、種子数:各1個。


  • バラ
  • バラ
  • サクラ
  • ジュウガツザクラ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    バラ形
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉広葉樹
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ300.0 ~ 700.0 cm
  • 花径2.5 ~ 3.5 cm

ランダムな花