カエサルピニア・プルケリマ・ロゼア

  • カエサルピニア・プルケリマ・ロゼア_img_0
    カエサルピニア・プルケリマ・ロゼア @ シンガポール植物園
  • カエサルピニア・プルケリマ・ロゼア_img_1
    カエサルピニア・プルケリマ・ロゼア @ シンガポール植物園

基本情報

花名
カエサルピニア・プルケリマ・ロゼア
英名
Gulmohar
学名
Caesalpinia pulcherrima var. rosea
別名
Gulmohar , Caesalpinia pulcherrima var. rosea
原産地
西インド諸島、メキシコ
生活型
熱帯性常緑小高木

コメント

カエサルピニア・プルケリマ・ロゼアとは

カエサルピニア・プルケリマ・ロゼア(学名:Caesalpinia pulcherrima var. rosea)は、ジャケツイバラ科カエサルピニア属の熱帯性常緑小高木「オオゴチョウ(黄胡蝶、学名:Caesalpinia pulcherrima)」の変種で、鮮赤橙色地に白い複輪をした円錐花序を咲かせます。日差しと多水を好みます。花を楽しむ植物です。

■オウコチョウの仲間
オオコチョウ(学名:C. pulcherrima)は、鮮赤橙色地に黄色い複輪を咲かせます。その変種で黄色い花を咲かせるは キバナノオオゴチョウ(黄花の黄胡蝶、学名:Caesalpinia pulcherrima var. flava)です。同じく変種で、カエサルピニア・プルケリマ・ロゼアは、鮮赤橙色地に白い複輪のある円錐花序を咲かせます。

一般名:Caesalpinia pulcherrima rosea、学名:Caesalpinia pulcherrima var. rosea、別名:Gulmohar、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱マメ目ジャケツイバラ科カエサルピニア属、生活型:熱帯性常緑小高木、樹高:2~5m、花色:赤橙地に白い縁取り、開花期:6月~10月、葉形:二回羽状複葉、用途:鉢植え、庭木、特記:オオゴチョウ(黄胡蝶)の変種 'Rosea'。

詳細情報

マメ
ジャケツイバラ
カエサルピニア
オオゴチョウ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
蝶形
葉のタイプ
2回羽状複葉
葉の縁
全縁
鑑賞場所
(亜)熱帯地域
開花時期
6月7月8月9月10月
高さ
200 ~ 500 [cm]
花径
2 ~ 5

アクセスランキング(日別)

カルミア・ラティフォリア_img
オウコチョウ_img
ウマノアシガタ_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

インパチェンス_img
テガタチドリ_img
ツバキ_img
ガマズミ_img
ハマダイコン_img
サワギク_img
ハイブリッド・リモニウム_img
クンシラン_img
ミソハギ_img
スイートピー_img
ツバキ ダイナゴン_img
ヤマモミジ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved