かぎけん花図鑑

牡丹'シマネセイダイ'

基本情報
花名
牡丹'シマネセイダイ'
英名
Peony 'Shimaneseidai'
学名
Paeonia suffruticosa 'shimaneseidai' 
別名
島根聖代, ボタン
原産地
日本系育成種
生活型
耐寒性落葉低木
コメント
シマネセイダイ(島根聖代)はボタンの日本系育成品種の一つで、春に千重咲きでピンクの大輪花を咲かせます。花の中央部は濃桃色をしています。名前の由来は、聖代(島根県大根島で育種)の改良品種とされます。
ボタン(牡丹)についての詳細は、上の「花名を入力」欄から「ボタン」と入力してご参照願います。
一般名称:シマネセイダイ(島根聖代) 、学名:Paeonia suffruticosa 'Shimaneseidai' 、葉柄:基部は茎を抱く、葉縁:全縁、花色:桃色、花のサイズ:大輪、花の咲き方:平開、千重咲、花弁数:20~40枚。
詳細情報
ユキノシタ
ボタン
ボタン
ボタン
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
多弁形
葉のタイプ
2回3出羽状複葉
葉の縁
全縁
鑑賞場所
園芸品種
ピンク
開花時期
4月 5月
高さ
100  ~ 150  [cm]
花径
15  ~ 20