ツバキ ハクロニシキ

ツバキ園芸品種、江戸椿、桃色中輪八重抱え咲き

  • ツバキ ハクロニシキ_img_0
    ツバキ ハクロニシキ @ 東京都立大島公園
  • ツバキ ハクロニシキ_img_1
    ツバキ ハクロニシキ @ 東京都立大島公園
  • ツバキ ハクロニシキ_img_2
    ツバキ ハクロニシキ @ 伊豆大島

基本情報

花名
ツバキ ハクロニシキ
英名
Camellia Hakuronishiki
学名
Camellia japonica cv. hakuronishiki
別名
Camellia, hakuronishiki, ハクロニシキ, 白露錦, ツバキ, 椿
原産地
園芸品種、日本
生活型
常緑小高木

コメント

ツバキ ハクロニシキとは

椿 ハクロニシキ(白露錦、学名:Camellia japonica 'Hakuro nishiki")は、ツバキ科ツバキ属の椿の園芸品種です。いわゆる、江戸椿系と言われる品種で、桃色、または、拍色地に赤吹き掛けの八重、中・大輪、抱え咲きで、晩秋から咲き始める早咲きで、中春まで咲き続けます。

【特集 椿】https://www.flower-db.com/ja/special/23/2

【椿用語】
抱え咲きとは、玉咲きとも呼ばれ、花底がカップのように丸みを持ち、外花被片の先端が内曲して、内の花被片や雄蕊を包み込むような咲き方です。
椿の大中小輪と花の直径の関係は、小輪が4~6 cm、中輪が7~9 cm、大輪が10-12 cm、極大輪が13 cm以上とされます。

一般名:椿 ハクロニシキ(白露錦)、学名:Camellia japonica cv. Hakuro-nishiki、江戸椿、ツバキ園芸品種、桃色地又は白色地に赤吹き掛け小紋入り、中・大輪、八重の抱え咲き、開花期:11月~4月。

詳細情報

ツツジ
ツバキ
ツバキ
ツバキ
花言葉
完璧 / perfection ()
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
バラ形
葉のタイプ
倒卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
植物園公園園芸品種
ピンク, 白
開花時期
1月2月3月4月11月12月
高さ
500 ~ 1000 [cm]
花径
3 ~ 15

アクセスランキング(日別)

アジュガ_img
イヌヤマモモソウ_img
カモミール_img
ロウバイ_img

ランダムな花

ゴウダソウ_img
オオバナカリッサ_img
ボロニア・ヘテロフィラ_img
ベニバナインゲン_img
ヤブカンゾウ_img
カルトゥジアン・ピンク_img
コルディリネ・オーストラリス 'アトロプルプレア' _img
デルフィニウム・マジック・ファウンテン_img
クロタネソウ_img
トウガン_img
ヒマラヤアオキ_img
カシワバアジサイ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved